Anker SoundCore Liberty Air2 レビュー|通話と音楽共に高品質。完全ワイヤレスイヤホンでワイヤレス充電可能

Anker SoundCoreLibertyAir2のレビューハイコスパイヤホン

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Anker『SoundCore Liberty Air2』について良い点や気になる点
  • Anker『SoundCore Liberty Air2』購入後の初期設定
  • ワイヤレスイヤホン初心者から中級者におすすめのイヤホンのこと

ワイヤレスイヤホンが主流になり、今では違和感がなくなりましたね。ちなみにボクは現在メインで『AirPodsPro』を使用しているのですが、今回Anker『SoundCore Liberty Air2』を購入しましたので、ご紹介します。

こびぃ

はっきりいってイヤホン部門Amazon1位の売上の『SoundCore Liberty Air2』は伊達ではなかった。これは買い!

SoundCore Liberty Air2購入した理由は下記の通り

  • リモートでイヤホンを使用するケースが多くなった
  • 『AirPodsPro』だけだとバッテリーが持たないときがある
  • Amazonで一番評判の良いイヤホンを使用してみたかった
  • コストに対して、高クオリティのイヤホンを使用してみたかった

上記の理由に該当するワイヤレスイヤホンがAnker『SoundCore Liberty Air2』だったということ。
SoundCore Liberty Air2SoundCore Liberty Airの正当進化版です。

正直結論から言うと、サブ機で買ったにも関わらず1万円を切っているイヤホンとしては王者なのでは?というハイクオリティなイヤホンでした。

SoundCore Liberty Air2の特徴まとめ
  • 価格:ブラック7,999円(税別) / ホワイト9,999(税別)
  • 発売日:2019年11月27日
  • cVc8.0ノイズキャンセリングに対応
  • ワイヤレス充電(Qi)対応
  • イヤホンのみで再生時間7時間
  • 充電ケースこみで再生時間最大28時間
  • 7サイズに対応
  • HearID対応
ボロ

アクティブノイズキャンセリング機能はないけど、この価格帯でかなり内容も充実しているヨ

それでは本記事『Anker SoundCore Liberty Air2 レビュー|通話と音楽共に高品質。完全ワイヤレスイヤホンでワイヤレス充電可能』を書いていきます。

『SoundCore Liberty Air2』のProバージョンが登場しました。

その名も『SoundCore Liberty Air2 Pro』です。音質・通話共に向上しており、さらにACNノイズキャンセリングつきのコスパ最強完全ワイヤレスイヤホンの一角です。

目次

『SoundCore Liberty Air2』の特徴

SoundCore Liberty Air2のイヤホン本体
『SoundCore Liberty Air2』

今回ご紹介するAnker『Soundcore Liberty Air 2』Amazonイヤホン・ヘッドホンカテゴリランキングの1位を獲得しています。

こびぃ

あの巨大マーケットで1位を獲得するAnkerのマーケティング力と製品力はさすがやね。

ボロ

しかも、高評価の割合が高いから大半の方は大満足しているんだろうネ

SoundCore Liberty Air2のスペック

商品名SoundCore Liberty Air2
メーカーAnker
役割ワイヤレスイヤホン
サイズ
充電ケース
(約)55mm×45mm×20mm
重さ
イヤホン&充電ケース
(約)53g
充電端子USB Type-C

防水規格
IPX5
いかなる方向からの水の直接噴流によっても
有害な影響を受けない
通信方式Bluetooth5.0
再生可能時間
最大28時間※充電ケース使用時
最大7時間※イヤホンのみ使用時

充電時間
イヤホン=約1.5時間
充電ケース=約2時間(USBケーブル充電)
充電ケース=約3.5時間(ワイヤレス充電)
こびぃ

防水規格も優秀!

ボロ

始めて購入するワイヤレスイヤホンだとしたらめちゃくちゃ性能が高い製品だネ!

SoundCore Liberty Air2の開封レビュー

早速開封をしていきます。

外箱/内容物

外箱

SoundCore Liberty Air2の本体外箱表面
安定のAnker外箱

Ankerといえば、モバイルバッテリー・充電器というのは一昔前の話になってきたね。って言えるような外箱の仕上がり。質感も良く、かなりカッコいいです。

iPhoneが流行り始めたイチ化粧箱500円って騒がれていたことを思い出すかのように化粧箱全体から高級感を感じます。

SoundCore Liberty Air2の本体外箱裏
外箱裏面
SoundCore Liberty Air2の本体外箱裏詳細
裏面下部

日本語が多いのもありがたいですね。グローバル企業なので、英語表記のみの外箱もあるのでボクみたいなチンチクリンにはありがたい仕様です。

裏面下部を確認していると、イヤーピースの多さに笑いました。

内容物

SoundCore Liberty Air2の本体開けて中身確認
安定のヒゲ×ダンディ×メガネ×横流しヘアー

横開きで開封
磁石で蓋と外箱側面が接地していました。

開けてすぐこのイケメン登場からの読まなくても雰囲気で伝わるSoundCore Liberty Air2のワイヤレスイヤホンとしてのポテンシャル

7,999円のイヤホンとは思えない細部へこだわりを感じます。まだ本丸(イヤホン)に突入していないのに…このワクワクさ。

まさにこのヒゲダンディズムな表情になりながら箱をおもむろに開いています。

SoundCore Liberty Air2の内容物確認
内容物

いやいやイヤーピースの量よ!笑

_SoundCoreLibertyAir2Ankerイヤーの種類
こびぃ

イヤ―チップイヤホンサイズは、『XS / S / S+ / M / M+ / L / XL』の7サイズ!本体にはMが付いてるよ!

内容物はSoundCore Liberty Air2本体含め、下記の通り6点です。

内容物
  • SoundCore Liberty Air2本体
  • SoundCore Liberty Air2充電ケース
  • イヤーピ−ス 7サイズ
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル

本体外観/デザイン

SoundCore Liberty Air2の充電ケース
ケースの開閉がしやすい窪みあり

カラーバリエーションはブラックとホワイトがあり、本記事のLiberty Air2はブラックです。マットな質感がより高級感を引き立て所持欲を満たしてくれます。

純粋なブラックというより、Apple製品で同じみのスペースブラックのような色味で、チープさは無いです。

SoundCore Liberty Air2の充電ケース裏面
裏面もシンプル

表面も裏面も無駄な情報が一切ないので、めちゃくちゃ良いです。ケースのつなぎ目はAirPodsProよりシンプルで個人的にはLiberty Air2のほうが好きですね。

SoundCore Liberty Air2のサウンドコアのロゴ
SoundCoreのマーク
SoundCore Liberty Air2の充電コネクタ―部分
充電端子USB-Cと手動ペアリングボタン

ケースの厚みは約2cmなので、胸ポケットやズボンの前ポケットにもすっぽりいれることができるサイズ感。お出かけ時の荷物を減らしたい方にはピッタリのイヤホンではないでしょうか。

マグネットもあるため、落ちにくい仕様になっているのもGoodで。

充電ケースを開ける

SoundCore Liberty Air2の充電ケースに入っている状態

早速ペアリングを行うためにイヤホン本体の頭頂部がキラリと光っています。(この輝き…既視感)

SoundCore Liberty Air2の充電ケース開けて本体を取り出した状態
電池残量を示すLEDインジケーターは3段階

バッテリーインジケーターはLED3灯ライトで確認できます。本体マットブラックに白色LEDなのでパッと見てすぐにわかります。

LED点灯バッテリー残量
1点灯 ○●●1%〜30%
2点灯 ○○●31%〜70%
3点灯 ○○○71%〜100%
SoundCore Liberty Air2のイヤホン両耳LR表記
イヤホン筐体裏側にLとRマークが印字されている

イヤホンの内側にL(左耳)とR(右耳)が印字されているので、耳に着けた状態で他人からは見えず、自分では確認しやすい仕様になっています。

Liberty Air2の見た目の特徴はなんと言ってもこのイヤーピースの赤オレンジ色がほんのり見える部分。個人的に好きなコントラストの組み合わせ。

車でいうと、ブラックホイールに赤いブレーキキャリパーのような上品なスポーティーなイメージがあります。

SoundCore Liberty Air2の本体1つ
外側にも黒×赤があしらわれている
SoundCore Liberty Air2の本体1つイヤホンの向きを下にしてみた
カナル型

イヤーピースはカナル型なので、耳穴を完全にふせぐ密着型です。カナル型かインナーイヤー型は好き嫌いがわかれるところなので、カナル型が嫌ならその時点でLiberty Air2は避けておいたほうが良いでしょう。

SoundCore Liberty Air2の本体充電部分
イヤホン一番下

イヤホン下の金属部分が充電ケース内にある端子と接地することにより、充電される仕組みです。この端子があるからこそ、有線ケーブルを用いて急速充電にも対応できる仕様になっています。

重量/サイズ感

重量

SoundCore Liberty Air2重量サイズ感
SoundCore Liberty Air2のイヤホン1つのみのサイズ感重量

本体サイズまとめ

  • 重さ:42.5グラム※ケース 5.2グラム※イヤホン1つ
  • 横幅:5.5cm
  • 奥行:4.5cm
  • 厚み:2.0cm

イヤホン本体の5gはワイヤレスイヤホンではよくある標準の重さです。耳につけていても気にならない重量です。

充電ケース内に左右のイヤホンを収納しても約50gなので、卵1個同等の重さなので外出時に全く苦にならないサイズ感。

サイズ感

Anker SoundCore Liberty Air2は手のひらサイズ
手のひら/いちご大福サイズ
Anker SoundCore Liberty Air2はきのこの山大サイズ
ちょっと細長いきのこの山くらいのサイズ

充電ケースは手のひらサイズ、いちご大福くらいです。

イヤホン本体はAirPodsProAirPodsににている形状です。決してうどんとは言わせない

イヤホンのフィット感は疲れにくいフィッ感がありますが、遮音性がずば抜けて高いわけでも低いわけでもありません。「カナル型ってこれこれ」ってなる感じです。

SoundCore Liberty Air2はさすがのAnkerバッテリー

Ankerと言えば『バッテリー』『充電器』が頭をよぎります。

現在Liberty Air2を始めワイヤレスイヤホンや掃除機、プロジェクターなど様々な家電・ガジェットに展開してきており、この根幹を支えているのがAnkerの強みのバッテリーや充電部分。

Liberty Air2も例外ではありません。

こびぃ

ほんまロマンを感じる企業だわ。

充電ケースイヤホン本体で28時間音楽を楽しんだり、通話を行うことが可能です。リモートワークやリモート会議が増えている今の時代にドンピシャです。

充電ケースを使わずとも、イヤホン本体は7時間充電が持つと言われています。さらに充電はワイヤレス充電(Qi)とUSB−Cケーブルを用いて急速充電できるので非常時にも便利です。10分で2時間分の充電可能

日/3時間使用しても余裕で1週間バッテリーが持つ

通学時や通勤+帰りに寄り道含め、平均の出勤時間が往復3時間だとしても、週5日勤務で15時間しか使わないため、1週間余裕で持ちます。休みの日に充電するようなルーティンを作ることができます。

Ankerならではのバッテリー性能の良さが生きていますね。AirPodsProより断然バッテリーの心配が少ないです。

こびぃ

実際に両方使っている使用者としては、AirPodsProはLiberty Air2の2/3くらいしか持たない感覚

SoundCore Liberty Air2をペアリングして使用開始

SoundCore Liberty Air2のペアリングは簡単だが注意点あり
スマホとLiberty Air2をペアリング

初期設定を行っていく前にまずはペアリングを行いましょう。

クイックスタートガイドやネットの説明書に表記されています。

ペアリング方法

Liberty Air2のペアリング方法ネット説明書
Anker SoundCoreアプリ内にある

ケースを開封して、充電ケース後ろのボタンを3秒ほど押すと、イヤホンRが点滅するのでペアリングをしたい端末のBluetooth設定画面をひらくとペアリングが出来ます。

ペアリングのミスをしてしまった場合や先に注意点を知っておきたい方は下記の記事にて解決できます。

SoundCore Liberty Air2をアプリで初期設定

『SoundCore Liberty Air2』は前モデル『SoundCore Liberty Air』にはなかったSoundcoreのアプリを使用することが可能です。

このアプリを使用することにより、より緻密で繊細な音質や空間を演出することができるため、自身のこだわり・好みにカスタマイズを行うと満足度バク上がりです。

STEP
「SoundCoreアプリ」をダウンロード
SoundCoreアプリ
App/Google Play 共に対応
STEP
Libertyシリーズ→「Air2」を接続する
SoundCore Liberty Air2のアプリ初期設定
Liberty Air2を接続
STEP
「コントロール」指示を設定
SoundCore Liberty Air2のコントロール

L・Rのタップのアクションを決めることができます。シングルタップ・ダブルタップ・2秒間長押しの設定をきめることができるため、合計6アクションを登録することが可能。

下画像がタップ場所です

SoundCore Liberty Air2をタップで操作
イヤホンの基本操作はタップ

近年のワイヤレスイヤホンによくある部分をタップする仕組みです。かなり感度が良いため、操作にストレスがないですよ。

こびぃ

激安ワイヤレスイヤホンからの乗り換えなら相当感動するくらいの反応の良さ

STEP
「HeraID」で周波数を登録する
SoundCore Liberty Air2のHearID
SoundCore Liberty Air2のHearID2
HearId設定

HearIdでは、自身にあった周波数の登録が可能です。

健康診断の聴力テストのように、高い音〜低い音、大きな音〜小さな音が流れてくるため、画面の指示に従って「指でタップし続けるor離す」という動作を繰り返し自分だけのイヤホンに設定してくれます。

LとRを間違えて装着してテストをすると逆側で登録されてしまうため、HearIDを設定するときは気をつけてくださいね。

こびぃ

上記の流れをすべて登録すると初期設定が終わり、満足にLiberty Air2を使うことができるで〜

ボロ

こだわりが強い方は次項のSoundCore Liberty Air2をアプリでカスタマイズで設定できるヨ

SoundCore Liberty Air2をアプリでカスタマイズ

ここからは必ずしも必要な初期設定ではありません。

前述の初期設定後、音質にこだわりがある方はSoundCoreアプリでカスタマイズを行ってください。3つの方法があります。

イコライザー3つのカスタマイズ方法

  1. カスタム
  2. プロフェッショナル
  3. プリセット

上記3種類がどんなものか確認していきますね。

1.イコライザー:カスタム

SoundCore Liberty Air2のイコライザー
自分でカスタムしていきます

2.イコライザー:プロフェッショナル

SoundCore Liberty Air2のプロフェッショナル
予めプロフェッショナルが調整したイコライザー

全部で10種類

3.イコライザー:プリセット

SoundCore Liberty Air2のプリセットレビュー
プリセットから環境に合わせた設定もある

全部で22種類

SoundCore Liberty Air2を実際に使用して感じたこと【性能など】

正直いって、7000円台のイヤホンのレベルだと思えないくらいの使い心地です。

こびぃ

AirPodsProのサブ機として購入したのですが、普通にお気に入りになってしまった…

そこで、実際に使用してみて感じた『メリット・良かった点』『デメリット・気になった点』を挙げていきますね。

SoundCore Liberty Air2の『メリット・良かった点』

  • 自身でカスタマイズして高級イヤホンに近づけることができる
  • cVc8.0ノイズキャンセリング機能で通話クリア
  • イヤーピースが豊富でサイズがほとんどの人に合う
  • ケース開封時に自動で電源オン収納時に電源オフ
  • IPX5の耐水性能

自身でカスタマイズして高級イヤホンに近づけることができる

カスタマイズは音楽好きとしては、やはりありがたい機能です。「ボーカルをしっかり」「オケの演奏を前面に」「全体のバランス重視」といったカスタマイズが可能。

cVc8.0ノイズキャンセリング機能で通話クリア

cVc8.0ノイズキャンセリング機能で通話時にマイクを通してノイズを除去してくれるため、相手が自分の声を聞き取りやすいため、聞き間違いや伝わりづらいということが起きにくいのも良かったですね。

イヤーピースが豊富でサイズがほとんどの人に合う

イヤーピースは、前述のとおり7サイズあるためほとんどの型が合うサイズバリエーションです。ちなみにボクはMで最初からついているサイズで、妻はS+でしたよ。

ケース開封時に自動で電源オン収納時に電源オフ

ケースを開封すると自動でペアリングできるのはやはり大きなメリット。

こびぃ

一度この身体になってしまうと、他のワイヤレスイヤホンが本当に受け付けなくなる機能やね

高級イヤホンには標準的な装備ですが、この価格帯ではペアリングの正確さを含め高性能だと感じます。

IPX5の耐水性能

これはまじでありがたい。ちなみにIPX5とはどれくらいかというと。

等級保護の程度
IPX0水の侵入に対して保護されていない
IPX1垂直におちてくる水滴によって有害な影響を受けない
IPX2垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IPX3垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IPX4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX7一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX8継続的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX5は強い…

よく比較されがちなAirPodsProはIPX4なので、この価格帯でIPX5というのがいかに凄いかおわかりいただけると思います。

IPX5は簡単にいうと、『お風呂のシャワーを浴びたり、バシャバシャ水で洗っても問題なし』という暴雨まで大丈夫といわれている高耐水性能です。ただし、水中はNG

IPX5はイヤホン本体のことなので、充電ケースは耐水性能がないためケースは必須です。

関連記事 【レビュー】SoundCore Liberty Air2の専用ケースをAmazonで1000円購入。まぁまぁ良い

SoundCore Liberty Air2の『デメリット・気になった点』

  • 高級イヤホンには音質は劣る
  • イヤホン収納時の吸い付きが弱い
  • アクティブノイズキャンセリングが欲しい

高級イヤホンには音質は劣る

いくらカスタマイズができるとはいえ、音質は高級イヤホンと比較するとやはり劣ります。比較されがちなAirPodsProともその差は大きいですね。とは言え、間違いなくこの価格帯では良き音質です。

イヤホン収納時の吸い付きが弱い

イヤホン収納時の端子部分の磁力が強いと収納時が吸い付かれるように収納できるので、楽なのですがLiberty Air2は磁力が弱いため、収納時にケース内でひっかかりが生じたりします。

反面イヤホンを出すときは磁力が弱い方が反発されないため、出しやすいんですけどね。これはトレードオフだと思うので、人の好みの差が大きいと言えます。

こびぃ

ボクは磁力がもう少し強い方が好きやねんな〜

アクティブノイズキャンセリングが欲しい

アクティブノイズキャンセリングに慣れてしまうと、やはり物足りなさは正直あります。

音楽や映像の没入感には雲泥の差が表れますし、普段聞こえない音が拾えるのもめちゃくちゃ大きいですよね。

あとは通話時に相手の声が本当にクリアに聞こえるので、アクティブノイズキャンセリング機能はリモート会議やミーティング時などでは理解力に直結すると言っても過言ではないです。

ボロ

とはいえ、7,000円台のイヤホンにさすがにアクティブノイキャンを求めるのは刻だヨ。

Anker SoundCore Liberty Air2のレビューまとめ

総評=企業努力をめちゃくちゃ感じることができるコスパ抜群のワイヤレスイヤホンです

AirPods Pro

Good

・音質はカスタマイズの自由度高

・cVc8.0ノイズキャンセリング機能搭載

・IPX5防水

・バッテリー性能が高水準


Bad

・高級イヤホンには音質が劣る

・アクティブノイズキャンセリングがない

使用感
8
デザイン・質
8
価格
9.5
オススメ度
9

▼LibertAir2本体充電専用ケースは防傷・防水・防塵で必須です。

<span class=”keyboard”>関連記事</span> 【レビュー】SoundCore Liberty Air2の専用ケースをAmazonにて1000円で購入した。結果は…まぁまぁ良い

こびぃ

『SoundCore Liberty Air2』はAmazon1位の販売実績やけど、やはり伊達ではなかった。
このクオリティでこの価格ははっきりいってそりゃ強い

1万円以内でイヤホンを探しているなら、候補の1つに入れて間違いないイヤホンと言い切ることができる製品でした。Liberty Air3はまださきでしょうが、これから楽しみですね!

『SoundCore Liberty Air2』のProバージョンが登場しました。

その名も『SoundCore Liberty Air2 Pro』です。音質・通話共に向上しており、さらにACNノイズキャンセリングつきのコスパ最強完全ワイヤレスイヤホンの一角です。

Anker SoundCoreLibertyAir2のレビューハイコスパイヤホン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる