Anker PowerCore Essential 20000 レビュー|USB-Aモバイルバッテリースマホ2台同時充電。

こんにちは!コビガジェライフライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • スマホやタブレットを2台同時充電することができるモバイルバッテリーを知れる
  • 20000mAhありながら3,000円台で購入できるモバイルバッテリーについて
  • Ankerモバイルバッテリー『PowerCore Essential 20000』のこと

Anker PowerCore Essential 20000」はiPhoneやAndroidといったスマホ、iPadのようなタブレットを2台同時で充電することが可能なモバイルバッテリーです。

容量はなんと20000mAhで、ここ最近のiPhoneなら実質4回〜5回充電することが可能。

コビロボ

何がすごいって20000mAhと超大容量のモバイルバッテリーは価格が1万全前後が多いけど、これは3,000円台で購入できるんだヨ

まさに商品名の通り『Essencial=必需品』。

iPhone/AndroidのスマホやiPadのようなタブレットを持っている方でモバイルバッテリーを探している方はまさにオススメの逸品です。

それでは本記事『【レビュー】USB-Aでスマホ2台同時充電。Anker PowerCore Essential 20000』についてレビュー記事を書いていきます。

Anker PowerCore Essential 20000の特徴まとめ
  • 20000mAhの超大容量
  • 2台同時充電
  • 2ポート合計最大出力15W1ポート利用時は最大12W
  • 低電流モード搭載で小型電子機器/ウェアラブル端末に適応
  • 入力方法はUSB-C or MicroUSBの2種
  • Amazon参考価格 3,999円

Anker
PowerCore Essential 20000

Good

・20000mAhの大容量

・iPhoneを4回〜充電可能

・2台同時充電可能

・1ポート最大12W/2ポート最大15W


Bad

・入力が5V=2Aのみ

・USB-CPD対応の出力がない

使用感
8
デザイン・質感
9.5
価格
9.5
オススメ度
9
目次

Anker PowerCore Essential 20000の特徴や安さの理由

Anker PowerCore Essential 20000の一番の特徴は20,000mAhの大容量に関わらず、3,000円台の低価格帯ということ。

あくまでボクの考察ですが、大容量なのに安い理由は下記の通りと推測します。

低価格の理由を推測
  • モバイルバッテリー本体の充電がUSB-PD対応の急速充電ではない
  • 出力が2ポートだがUSB-Aのみ

上記の理由により、開発費&製造費を抑えることが出来たことがそのまま販売価格に反映されていると推測。※ボク個人の予想です。

こびぃ

入力にも出力にもUSB-PD(Powerdelivery)がないのは18W以上の急速充電ができないっていうデメリットにもなるよね。

Anker PowerCore Essential 20000のスペック

商品名PowerCore Essential
メーカーAnker
役割モバイルバッテリー
サイズ(約)158.0mm×74.0mm×19.0mm
重量343g
バッテリー容量20,000mAh
出力端子USB−A×2
入力端子USB-C×1
MicroUSB×1
出力5V=3A各ポート最大2.4A
入力5V=2A







対応機種
【iPhone】
12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus

【 Galaxy】
S10 / S10+ / S9 / S9+

【Google Pixel】
5 / 4 / 4a (5G) / 4 XL / 3 / 3 XL 他

【Nexus】
6P / 7 他

【タブレット端末】
-iPad (第8世代) / iPad Air (第4世代) / iPad Pro (第4世代) / iPad mini (第5世代) 他

こびぃ

容量が20000mAhのモバイルバッテリーが3,000円台で手に入る事にビックリやわ。

Anker PowerCore Essential 20000の開封レビュー

Anker PowerCore Essential 20000を開封していきます。

外箱/内容物

『Anker PowerCore Essential 20000』の外箱

Anker PowerCore Essential 20000の外箱表
Anker PowerCore Essential 20000の外箱裏

安定のAnkerカラー&エンボス加工のパッケージ!

側面には、本機のカラーが表記されています。

内容物

Anker PowerCore Essential 20000の内容物
内容

取扱説明書とカスタマーサポートとMicroUSBケーブルとポーチが梱包されてます。AnkerのHappy Cardは企業のユーザーへの想いが詰まっているすばらしいカードなので、一枚も捨てたことがありません。

AnkerJapan 取締役COO猿渡さんのツイート
Anker PowerCore Essential 20000の内容物のっポーチ
専用トラベルポーチもあります
Anker PowerCore Essential 20000の内容物のケーブル
付属ケーブルはUSB-A to MicroUSB

Anker製品は購入した時点から18ヶ月の保証がついているので、保証書は付属していません。内容物をまとめると下記の通り

内容物
  • Anker PowerCore Essential 20000の本体
  • 取扱説明書
  • 専用トラベルポーチ
  • USB-A to MicroUSBケーブル
  • カスタマーサポート

本体外観/デザイン

前面

Anker PowerCore Essential 20000の前面
つや消しマットな質感

高級感のあるメッシュ加工がほどこされており、傷や指紋がつきにくい仕様。

マットな質感もGoodでディティールのこだわりが随所にあらわれているスタイリッシュなデザインで美しい。

こびぃ

Anker社のモバイルバッテリーはハイエンドモデル以外は最近このデザインが多いね!

背面

Anker PowerCore Essential 20000の背面
背面

ロゴも装飾もなくシンプルでシボ加工。

サイド

Anker PowerCore Essential 20000のサイドから

前面背面への繋がりもキレイなフォルム。角ばってなくてマットな質感なので、持っているときにすべりにくいため落としにくいです。

ポート部分

Anker PowerCore Essential 20000のポート部分
合計4ポート

ポートはUSB−A×2、USB-C×1、MicroUSB×1の合計4ポートです。出力はUSB-Aのみ。MicroUSBとUSB-Cは入力。

こびぃ

入力やら出力やらよくわからない!って方は、簡単にまとめたので下記を参考に。

入力・出力
  • 出力=スマホやタブレットなどデバイスを充電するときに使う
  • 入力=モバイルバッテリー自体を充電するときに使う
Anker PowerCore Essential 20000の出力ポート部分
USB-A×2
Anker PowerCore Essential 20000の入力ポート部分
MicroUSBとUSB-C

USB-Aの出力は最大12Wで2ポート同時利用時は最大15W。一方、入力のMicroUSBとUSB-Cはそれぞれ10Wの入力。

インジケータ

Anker PowerCore Essential 20000のインジケーター
インジケータは青い光
インジケーターの見方
  • LED4点灯:残量〜100%
  • LED3点灯:残量〜75%
  • LED2点灯:残量〜50%
  • LED1点灯:残量〜25%
Anker PowerCore Essential 20000のインジケータ節電時
低電流モード搭載

電源ボタンを2秒長押しすると、インジケータ一番左が緑色に点灯して低電流モードになります。

AirPods Proなどの小型デバイスなどを安全に充電したいときに使用するモードで、5V×0.5A=2.5Wくらいで充電をすることが可能。

専用ポーチの使用感

Anker PowerCore Essential 20000のポーチの収納力を確認
専用ポーチを使用してみる
Anker PowerCore Essential 20000のポーチに本体とケーブルを入るか確認
ケーブルを2本いれてみる
Anker PowerCore Essential 20000にケーブル2本と本体を入れた状態
にhにほにほnにほんにほんにほに

これで専用ポートとモバイルバッテリー本体とケーブル2本を同時に持ち運べるようになります。専用ポーチが伸縮性があるので、頑張ればケーブル3本ははいりそう。

重量/サイズ

Anker PowerCore Essential 20000の本体重量サイズ
350gきる軽さ
Anker PowerCore Essential 20000のサイズ厚み
2cmきる薄さ

厚み1.9cmはiPhoneより1.5倍近く厚みがある感じ。

Anker PowerCore Essential 20000とiPhoneなどのサイズ比較

上画像左から

  • RAVPower RP-PB058
  • Anker PowerCore Essensital20000
  • iPhone12Pro
  • iPhoneSE2

RAVPowerRP-PB058より小さくiPhone12Proよりは大きいサイズ感。

本体サイズまとめ

  • 重さ:106.3グラム※公式サイトでは103.5g
  • 横幅:5.2cm
  • 奥行き:5.2cm
  • 厚み:3.0cm

RAVPowerのモバイルバッテリーと比較

これまで20,000mAhをこえる容量のモバイルバッテリーはRAVPowerのRP-PB058を使用していました。今は廃盤で後継機のRAVPower RP-PB201が人気です。

同じ容量20,000越えでも「本記事のAnker PowerCore Essential 20000」とサイズ感がぜんぜん異なるので、画像を置いておきますね。

Anker PowerCore Essential 20000とRAVPowerを比較
重ねると一回り小さい
Anker PowerCore Essential 20000とRAVPowerを重ねて横から比較
厚みも2/3程度
Anker PowerCore Essential 20000とRAVPowerを重ねてポート側から比較
ポートは同じ4ポート

使用用途は異なりますが、数年前までのRAVPowerの20000mAh超えのモバイルバッテリーと比較すると随分小さくなり、重さも200g暗い軽い300g台なので取り扱いやすい感じ。

Anker PowerCore Essential 20000を使用して充電してみる

実際に『Anker PowerCore Essential 20000』で充電してみます。もう一度各ポートの出力(ワット数)の確認。

Anker PowerCore Essential 20000のポートの出力内訳

出力と入力を下記の3パターンを計測してみる。

  1. 1ポート使用時は最大12Wの出力で充電
  2. 2ポート使用時は最大15Wの出力で充電
  3. 入力はMicroUSBもしくはUSB-Cで最大10W

USB電流電圧テスターで実測テスト。

1. 1ポート使用時は最大12Wの出力で充電

Anker PowerCore Essential 20000の1ポート利用時は最大12W
Anker PowerCore Essential 20000でiPhone12Proを充電
Anker PowerCore Essential 20000をiPhone12Proを充電してみる
最大出力の12Wでています

実測値:5.13V×2.36A=12.11W

1ポート使用時の最大出力12Wが計測できています。アベレージは10Wくらい。

1ポート利用時30分充電した場合

機種30分経過充電量
iPhone12Pro0%→48%

100%まで計測はしていませんが、このペースだ2時間かかるくらいで満充電になります。
※iPhoneは充電量80%以降はトリクル充電(バッテリー負荷を下げる低速充電)になるので遅くなる

2. 2ポート使用時は最大15Wの出力で充電

Anker PowerCore Essential 20000の2ポート利用時は合計で最大15W
iPad Air 4 とiPhone12Pro
Anker PowerCore Essential 20000の同時充電はiPhone同士も可能
iPhonSE2とiPhone12Pro

USB電流テスターが干渉して差し込めなかったので実測はできませんでしたが、2ポート利用時の充電量は下記の通り

2ポート利用時30分充電した場合

機種30分経過充電量
iPhone12Pro0%→38%

2ポート利用時は合計で最大15Wなので、おそらく5V×1A=5Wと5V×2A=10Wで電流を分けていると思います。そのときのデバイスの状態をAnkerのPower IQの自動検知機能で判断して切り替えているはず。

3. 入力はMicroUSBもしくはUSB-Cで最大10W

Anker PowerCore Essential 20000の入力を確認する

AUKEY Omnia Duo PA-B4でモバイルバッテリー本体を充電。

Anker PowerCore Essential 20000の入力は最大10W

実測値:5.07V×1.80A=9.1W

入力は最大10wなので、最高値に近い数値を計測。アベレージも8W〜9Wで安定していました。

満充電までは約6時間30分ほどかかりました。

こびぃ

朝持って出かけるときは夜寝る前に充電がベストやね!

【充電時の注意点】7.5W以上対応のケーブルが必要

iPhoneだと『Anker PowerCore Essential 20000』充電器とApple純正ケーブルでは早い充電ができません。

何故かというと、Apple純正ケーブルが5V×1.5A=7.5Wくらいまでしか出力できないためです。※下画像参照

Apple純正 USB-A&ライトニングケーブル

5.196V×1.463A=7.5W ※MAX7.5まで出る

上記はAnker PowerCore Essential 20000とApple純正ケーブルの組み合わせ。昔は5W充電が普通でしたし、そのままの規格ですから7.5Wでるだけでもマシって感じです。

充電スピードの体感はワイヤレス充電Qi充電スピードで早くはありません。

これが5V×2.4Aまで対応できる「Anker PoweLineⅡ」ケーブルを使用すると下画像のような出力になる。

Anker PowerCore Essential 20000のAnker注意点
Anker PowerLineⅢ USB-A&ライトニングケーブル

5.163V×2.038A=10.52W ※MAX12Wまで出る。

5V×2.4A=12WというUSB-Aを使用したiPhoneの充電におけるMAXスピードで充電可能。

こびぃ

7.5Wと12Wだと満充電にかかる時間は1時間はかわるよ。

サードパーティ製のケーブルはどんなモノがよいか

急速充電を行うためのケーブルに必須条件

  • MFi認証
  • PD対応

MFi認証とはiPhoneを急速充電するための基本的なことの通り『Apple社から認証済み製品』のことなので、いわばAppleお墨付きの高品質ケーブルです。

100円均一などに販売されているケーブルはほぼ100%Mfi認証されていない劣悪ケーブルに該当します。MFi認証を受けていないケーブルから実際に発火したり、スマホ本体が故障するといった事例も報告されているため購入はNG。

>> iPhone急速充電のために知っておくべきこと

下記のケーブルがAnkerのパワーラインといってケーブルが高耐久でコスパ抜群ですよ!※約2年半くらい使用しても全く断線の気配なし

PowerLineはⅡとⅢがありますが、Ⅲのほうがケーブルが約1mmほど細く結構値段があがるので、Ⅱがコスパは良いと思います。

iPhone用 USB-A to Lightning

Android用 USB-A to USB-C

Anker PowerCore Essential 20000を使用して感じた良かった点 気になった点

実際に【Anker PowerCore Essential 20000】を使用してみて感じた『メリット・良かった点』『デメリット・気になった点』を挙げていきますね。

Anker PowerCore Essential 20000の『メリット・良かった点』

  • 2ポート利用可能で最大15W
  • 3,000円台で20000mAhの大容量
  • 容量の割に小型なのでガジェットポーチに入る

なんといっても安さの割に20000mAhという大容量が最大のメリットです。さらに2ポート利用できるのもありがたい。

もう1点購入前には気づかなかった使用してから感じたよ買った点は「ガジェットポーチ」に入ること。

Anker PowerCore Essential 20000をIncaseポーチに入れる
Incase Nylonオーガナイザー
こびぃ

ボクがいつも使用しているガジェットポーチ!

Anker PowerCore Essential 20000はIncaseポーチに綺麗に入る
隙間にスッポリ入る

これまでの大容量モバイルバッテリーはガジェットポーチに入らないことが多くてどうしても荷物が1つ増えていたのですが、横幅が約15cm程度の定規サイズなので収納することが可能。

これにより、ガジェットポーチに一元化することができ、結果荷物を1つ減らすことができるようになりました。

使う人によってはドハマリするモバイルバッテリーモバブです。

Anker PowerCore Essential 20000の『デメリット・気になった点』

  • 入力が10Wまで
  • USB-CPD対応の出力がない

入力が10Wまでなので、モバイルバッテリー自体も急速充電することができないため、フル充電で6時間くらいかかるのでやや気になる点。夜充電するならほぼ問題はない部分。

USB-Cが入力のみで出力がないのが残念。現在USB-AからUSB-Cに変更してきている人も増えているので、USB-Cが出力に対応していて充電できれば最高でした。

こびぃ

3,000円で20000mAhのモバイルバッテリーってだけでも文句は言えんレベルやけどね。

20000mAhの大容量で急速充電対応のモバイルバッテリーが欲しい場合

本記事の『Anker PowerCore Essential 20000』はUSB-CPD対応に対応していないため、急速充電ができません。※最大12Wまで。

同容量20000mAhくらいのUSB-CPD対応しているモバイルバッテリーを探しているなら下記のシリーズがおすすめ。

  1. Anker PowerCore Essential 20000 PD
  2. Anker PowerCore III Elite 25600 60W PD

順にご紹介します。

1. Anker PowerCore Essential 20000 PD

Anker PowerCore Essential 20000 PDの商品画像

特徴は、USB-APowerIQ 2.0でUSB-CPD対応で各ポート最大18Wで急速充電できること。本記事の『Anker PowerCore Essential 20000』は最大12Wなので体感でかなり速度がかわります。

価格も500円もかわらないので、18Wの急速充電したい方はこの「Anker PowerCore Essential 20000 PD」がオススメ。

最大18WでiPhone/iPadを急速充電できる2ポートタイプ

2. Anker PowerCore III Elite 25600 60W PD

Anker PowerCore III Elite 25600 60W PD対応の商品画像

特徴は、USB-APowerIQ 3.0×2 最大15WUSB-CPD対応×1 最大60W」でiPhone(Android)/iPad(タブレット)/MacBook(ノートPC)を急速充電できると。

本記事の『Anker PowerCore Essential 20000』は最大12Wなのでその力の差は歴然です。

こびぃ

当然用途が違うからね!

最大60WでMacBook(ノートPC)とiPhone(Android)のどちらも急速充電したい方はこの「Anker PowerCore III Elite 25600 60W PD」がオススメ。

最大60WでMacBook Air/Proも充電できる3ポートタイプ

Anker PowerCore Essential 20000のレビューまとめ

Anker
PowerCore Essential 20000

Good

・20000mAhの大容量

・iPhoneを4回〜充電可能

・2台同時充電可能

・1ポート最大12W/2ポート最大15W


Bad

・入力が5V=2Aのみ

・USB-CPD対応の出力がない

使用感
8
デザイン・質感
9.5
価格
9.5
オススメ度
9
Anker PowerCore Essential 20000の特徴まとめ
  • 20000mAhの超大容量
  • 2台同時充電
  • 2ポート合計最大出力15W1ポート利用時は最大12W
  • 低電流モード搭載で小型電子機器/ウェアラブル端末に適応
  • 入力方法はUSB-C or MicroUSBの2種
  • Amazon参考価格 3,999円
おすすめの人
おすすめしない人
  • 大容量モバイルバッテリーが欲しい
  • スマホorタブレット2台同時充電をしたい
  • USB-Aで充電したい
  • USB-Cを使って充電しなくても良い
  • ノートPCを充電したい
  • USB-Cで充電したい

本記事は『【レビュー】USB-Aでスマホ2台同時充電。Anker PowerCore Essential 20000』について記しました。最後に以下に総評を記します。

総評=スマホをメインで充電を考えている人なら本当にEssential(必需品)といえるモバイルバッテリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる