大容量!Anker PowerCore III 19200 60W レビュー|PD対応で3台同時充電できるモバイルバッテリー

Anker PowerCore III 19200 60Wのアイキャッチ

こんにちは!コビガジェライフのこびぃです。

この記事で分かること

  • Anker PowerCore III 19200 60Wの使用レビューについて
  • 3ポート同時充電+最大60W出力のモバイルバッテリーのこと
  • 容量19,200mAhでMacBook(ノートPC)も充電できるモバイルバッテリーのこと

MacBookiPadのような大型、中型デバイスを所持して外出時に「あ〜」ってなる瞬間。そう!あのつらすぎるバッテリー切れ。

ノートパソコンとなると、大容量かつ大きな出力が必須になります。

容量と出力のどちらも叶えてくれるモバイルバッテリーがRAVPowerから発売されました。

19,200mAhの大容量に60Wの高出力を実現したAnkerのモバイルバッテリーの「PowerCore III 19200 60W」です。

MacBook Air以外にもProの13インチクラスのノートPCまでフルスピードで充電できます。

それでは本記事『大容量!Anker PowerCore III 19200 60W レビュー|PD対応で3台同時充電できるモバイルバッテリー』についてレビューしていきます。

ノートPCおすすめモバイルバッテリーに選出

目次

Anker PowerCore III 19200 60Wの特徴

Anker PowerCore III 19200 60Wの特徴

Anker PowerCore III 19200 60Wは、大型ノートPCからiPhoneやApple Watchなどの小型デバイスまで充電が可能で、容量が30,000mAhという点はやっぱり強いですね。

Anker PowerCore III 19200 60Wの特徴まとめ
  • 19,200mAh超容量
  • iPhone12を4.4回充電
  • iPad Proインチを2.5回
  • MacBook Airを1回以上充電(Pro13㌅は1回前後)
  • USB-A USB-C(PD対応)で3台同時充電
  • 最大60Wの高出力
  • 約422gの重量

「Anker PowerCore III 19200 60W」のスペックを確認します。見たい方だけクリックしてくださいね。

こびぃ

12V=3Aはないけど、さしたる問題ではないかな!

Anker PowerCore III 19200 60Wのレビュー

Anker PowerCore III 19200 60Wのパッケージ

Anker PowerCore III 19200 60Wは最大60WでMacBookを充電でき、かつ3台同時充電できる20,000mAh大容量のモバイルバッテリー。

Anker PowerCore III 19200 60Wの内容物

内容物はAnker PowerCore III 19200 60W本体合わせて、全部で6点。

Anker PowerCore III 19200 60Wのメッシュポーチ

トラベルメッシュポーチが付属しています。Anker製品のモバイルバッテリーのポーチは過去のモデルについていたベロアポーチの方が好き。

ケーブルは2本付属

Anker PowerCore III 19200 60Wのケーブルは2種類【USB-C&USB-C】

USB-C&USB-C(約0.5m)

Anker PowerCore III 19200 60Wのケーブルは2種類【USB-C&USB-A】

USB-C&USB-A(約0.5m)

ケーブルが2本ついているところが、気が利いていて素敵。USB-CもUSB-Aもどちらのタイプも付けてくれているのがありがたいですね。

内容物まとめ
  • Anker PowerCore III 19200 60W本体
  • USB-C&USB-Cケーブル(約0.5m)
  • USB-C&USB-Aケーブル(約0.5m)
  • トラベルメッシュポーチ
  • カスタマーサポート

外観/デザイン

Anker PowerCore III 19200 60Wのモバイルバッテリー本体外観デザイン

Anker PowerCore III 19200 60Wの本体表面は、Ankerおなじみのメッシュ加工素材とピアノブラック塗装で高級感を演出しています。

こびぃ

このピアノブラック塗装を見ると某高級ドイツ車のダッシュボードを思いだすね!デメリットは傷が付きやすい点。

Anker PowerCore III 19200 60Wのサイズ感

手に取るとこんな感じ。結構大きく見えますが20,000mAhクラスのモバイルバッテリーと考えれば普通のサイズ。

こびぃ

容量を正確に言うと、19,200mAhだよ!

19,200mAHの充電目安
  • iPhone12→4.4回〜
  • iPad Air 4→2.5回〜
  • MacBook Air→1回〜
  • MacBook Pro→1回前後
Anker PowerCore III 19200 60Wの裏面外観デザイン

背面下部には、CEマークPSEマークあり。小さくまとめてくれているのが変に目立たなくて良い感じ。

Anker PowerCore III 19200 60Wの電源ボタンでバッテリー残量を確認する

バッテリー残量を確認するときは、電源ボタンを押し込むとLEDインジケーターで確認ができます。

Anker PowerCore III 19200 60WのLEDインジケーターは4段階でバッテリー残量表示

電源ボタンを押すと青色LEDインジケーターが光ってバッテリー残量の確認ができる

Anker PowerCore III 19200 60Wの低電力モード

電源ボタンを2度押すと低電力モード。先頭のLEDが緑色に光る

低電力モードにすると、AirPods ProApple Watchの充電が可能。

LEDインジケーターバッテリー残量の見方
  • 1点灯⇨ ~25%
  • 2点灯⇨ ~50%
  • 3点灯⇨ ~75%
  • 4点灯⇨ ~100%
Anker PowerCore III 19200 60Wのポートは3ポート

左から、USB-A1、USB-A2、USB-C(PD対応)の3ポート。出力や入力をまとめると下記の通り。

各ポートの出力/入力
  • USB-A1⇨出力のみ15W
  • USB-A2⇨出力のみ15W
  • USB-C⇨出力60W/入力60W

サイズ/重量

Anker PowerCore III 19200 60WのサイズはiPhoneより大きいサイズ感

Apple製品と並べると、iPhoneSE2より大きくiPad Air 4より小さいサイズ。

Anker PowerCore III 19200 60Wの厚みは約3.3cm

20,000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては、重量は422gあるので、やや重たい部類。厚みは2.2cmなので、標準サイズ。

サイズまとめ
  • 横幅:16.9cm
  • 奥行き:7.9cm
  • 厚み:2.2cm
  • 重量:422g

Anker PowerCore III 19200 60Wで充電する『出力最大60W』『3台同時充電』

Anker PowerCore III 19200 60Wは、USB-A×2とUSB-Cを使って合計3台で出力できます。※入力はUSB-Cのみ

出力を確認していきますが、「よく聞く出力や入力って何っ?」て方は下記をクリックして確認してくださいね。

Anker PowerCore III 19200 60Wの出力ルールはこんな感じ▼

Anker PowerCore Ⅲ 19200 60Wの充電出力の仕様

先に、Anker PowerCore III 19200 60Wの出力/入力ポイントのまとめ確認。

出力ポイントまとめ
  • MacBook(ノートPC)を充電するならUSB-Cに挿す※最大60W
  • USB-AはApple製品は最大12WまでAndroid系は15W対応
  • 3台同時に充電時は、各ポートの接続デバイスに応じて電力が振り分けられる※最大60W

では出力の確認をしていきます。

細かく知りたい方用に3種類の出力の確認をしていますので、1つ目「USB−Cポートで充電」以外は読みたい部分をクリックしてくださいね。

1.USB-Cで充電

Anker PowerCore III 19200 60Wの1ポートの図解

充電するデバイス

  • MacBook Pro13インチ
Anker PowerCore III 19200 60Wを使ってMacBookを充電する
Anker PowerCore III 19200 60WでMacBookを充電すると約60Wで充電可能
約56W
理論値測定値
60W56W

USB-Cポートだと、Anker PowerCore III 19200 60Wの最大出力60Wで充電ができます。

MacBook Airを1回以上、MacBook Pro13インチも1回前後の充電ができる容量19,200mAh。

MacBook Air/Pro13インチクラスノートPCを所持していて、Ankerのモバイルバッテリーが欲しい!ってなるのであれば、これに決定して問題なし!

USB-Cの高出力ポートでもiPhoneやiPadを急速充電できます。

こびぃ

やっぱり20,000mAhクラスの60WモバイルバッテリーはノートPC用のモバイルバッテリーって言って間違いないね!

Anker PowerCore III 19200 60Wへの給電も最大60W

Anker PowerCore III 19200 60Wを同じAnkerの60W充電器 Pod Liteで充電する

充電器は、おなじAnker製の「Anker PowerPort Ⅲ 65W Pod Lite」を使用。

Anker PowerCore III 19200 60Wで充電
本体を充電
Anker PowerCore III 19200 60Wは本体充電を約1時間45分で終えることができる
約57.5W
理論値実測値
60W約57.5W

本体への最高入力が60Wです。しっかりと上限付近で、Anker PowerCore III 19200 60Wを充電できているので安心。

本体充電時間

  • 約1時間45分後:0%⇨100%

上記の通り、1時間45分前後もあれば、本体を0%⇨100%のフル充電。

こびぃ

Anker公式では、フル充電にかかる時間は2時間と表記されてるよ。

Anker PowerCore III 19200 60Wを使ってみて『よかった点』

Anker PowerCore III 19200 60Wを実際に使用してみて「良かった点」は4つあったので書いていきます。

良かった点

  1. MacBook Air/Proどちらとも相性が良い
  2. 20,000mAhの容量かつ60Wの出力で3台同時充電できること
  3. 本体の充電速度が20,000mAhラインでは早い
  4. ビジュアルがオシャレ

順に確認します。

1|MacBook Air/Proどちらとも相性が良い

M1MacBookAirとMacBookPro2018とAnker PowerCore III 19200 60Wは相性抜群

最大60Wもあれば、MacBook 13インチまでならAir/Pro問わずに最大パフォーマンスで充電することができます。

さらに、MacBook Ari(M1含む)だと2台、3台同時に充電するときもフルスピードで充電できるので、最高の相性と言えます。

こびぃ

3台同時充電時もフルスピードってやばいよね!充電器いらず!

MacBook Pro充電時

MacBook Pro13インチは1ポート利用時のみフルスピードで充電可能。2台、3台同時充電時は45W、30Wと出力が落ちるので、その分充電速度も落ちます。

2|20,000mAhクラスの容量かつ60Wの出力で3台同時充電できること

Anker PowerCore III 19200 60Wの最大の魅力は3台同時充電

19,200mAhの容量+60W+3ポートあれば、その日外出するとき安全パイと言えます。

ノートPCのバッテリーが切れても良し。同時にタブレットもスマホもバッテリーが切れても良し。

という、これ以上ない安心を手に入れることができるのがこの20,000mAh

3|本体の充電速度が20,000mAhラインでは早い

Anker PowerCore III 19200 60Wはその他の20,000mAhのモバイルバッテリーとサイズと重量とスピードが異なる
特に早い3機種の中でも2番目に早い

上画像左から

  • Anker PowerCore III 19200 60W
  • CIO SMART COBY 20000-60W
  • RAVPower RP-PB-201

すべて同じ20,000mAhで60W出力のモデルです。この3機種はすべては早いタイプですが、その中でも二番目の速さ。

モバイルバッテリー本体フル充電速度
0%→100%
Anker PowerCore III 19200 60W約1時間45分
CIO SMART COBY 20000-60W約1時間30分
RAVPower RP-PB-201約3時間00分

本体充電速度が早いと、夜寝るまえに充電をしても充電を終えることができるし、朝充電に忘れていることを気づいても間に合わせることができます。

こびぃ

モバイルバッテリーの充電って忘れやすいから、早ければ早いほどたすかるよね!特にノートPC持ちとしては忘れてでかけると悲惨…

4|ビジュアルがオシャレ

Anker PowerCore III 19200 60Wは外観がオシャレカッコいい

これはAnker社がお得意なところですよね!

メッシュ加工+ピアノブラック装飾は高級車のようなオーラが出ているので、ビジュアルの良さから所有欲は満たされます。

Anker PowerCore III 19200 60Wを使ってみて『気になった点』

良かった点だけではなく、気になった点もあります。

気になった点

  1. 他ブランドの20,000mAhモデルより重たい

順に確認します。

1|他ブランドの20,000mAhモデルより重たい

Anker PowerCore III 19200 60Wの重量
実測406g

Anker PowerCore III 19200 60W

CIO SMART COBY 20000 60Wの重量
実測368g

CIO SMART COBY 20000-60W

RAVPower RP-PB201の重量
実測366g

RAVPower RP-PB-201

上画像の左から

  • Anker PowerCore III 19200 60W
  • CIO SMART COBY 20000-60W
  • RAVPower RP-PB-201

すべて同じ20,000mAhで60W出力のモデルですが重量は一番重たくなっています。

その他のサイズとまとめると下記の通り。

モバイルバッテリーサイズ重量
Anker PowerCore III 19200 60W横幅:16.9cm
奥行:7.9cm
高さ:2.2cm
約422g
CIO SMART COBY 20000-60W横幅:13.2cm
奥行:6.8cm
高さ:2.4cm
約370g
RAVPower RP-PB-201横幅:151.7mm
奥行:66.7mm
高さ:25.2mm
約374g

サイズ全体もやや大きく、重量が重たいです。

その分先述のメリットの通り、Anker PowerCore III 19200 60Wは本体充電時間が劇的に時短になっています=約1時間45分。

重量と本体充電スピードがトレードオフになっているので、どちらを優先するかは好みの問題ですね。

Anker PowerCore III 19200 60Wのレビューまとめ

Anker PowerCore III 19200 60W」は、Anker好きでノートPCを充電したいモバイルバッテリーを探しているなら間違いなく買いのモバイルバッテリー。

ただ、正直他ブランドと比較すると、突出している性能はなく『無難』って印象です。

あとは、重量がやや重たいため、そこがネックポイントかなと。重さが気になるなら、CIO SMARTCOBY 20000mAh 60Wがオススメ。

こびぃ

価格もCIO SMARTCOBY 20000mAh 60Wのほうが安いんよね。

上記が気にならないのであれば、Anker PowerCore III 19200 60Wは検討して良い価値あるモバイルバッテリーです。

それでは良きモバイルバッテリーライフを!

Anker PowerCore III 19200 60W
使用感/質
85
デザイン
93
価格
80
総合評価
88

ノートPCおすすめモバイルバッテリーに選出

Anker PowerCore III 19200 60Wのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる