Anker Life P3 長期レビュー|コスパ最強本命のAnkerワイヤレスイヤホンはコレ!

Anker Life P3 レビュー|コスパ最強本命のAnkerワイヤレスイヤホンはコレ!

ガジェットブロガーに人気のワイヤレスイヤホンも年間何個も購入するこびぃです。

今回はAnker製ワイヤレスイヤホンで大人気の「Life P3」の長期レビューを書いていきます。

この記事でわかること

  • Life P3の使用感・レビューはどんな感じなのか
  • Life P3は本当にコスパが良いワイヤレスイヤホンなのか
  • Life P3はどんな人におすすめ?

こんなことがわかります。

Anker Life P3を持った感じ

この製品は2021年8月21日に販売されていて、ボクが購入したのは年明けくらい。ちょっと書く暇がなく、今になりましたが、長期レビューとして書いていきます。

こびぃ

半年くらい使用しているけど、一度も不具合なくサブ機としても活躍してるよ!通話時に特にお世話になってる!

先にLife P3がどんなワイヤレスイヤホンだったかまとめると、完璧ではないものの、多くの方の最適解と言えるワイヤレスイヤホン!というのが率直な感想です。

本機は、同社のSoundcore Liberty Pro 3やApple社のAirPods Proのような2万円〜3万円クラスの高価格帯ワイヤレスイヤホンに限りなく近い性能を誇ります。

簡単まとめ

良かった点
気になった点
  • 8,000円という安さ
  • 音質は並以上
  • ノイキャン搭載
  • マイク性能がかなり良い
  • イヤホンを探す機能搭載
  • 操作性がやや微妙
  • 音質にこだわる人は物足りない(特にボーカル)
目次

Anker Life P3 レビュー

Anker Life P3の性能・評価をサクッと確認したい方は以下の表を参考にどうぞ。

Anker Life P3のレビュー
低音
80
中音
70
高音
80
解像度
70
ノイズキャンセリング
80
マイク性能
90

Life P3の性能は同社上位モデルのワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」を上回っていると感じました。

完全に価格設定がミスなのでは?状態です。

Soundcore Liberty Air 2 Pro(約12,000円)を購入するなら、本機のLife P3(約8,000円)の購入を強くおすすめします。

こびぃ

8,000円クラスでこのワイヤレスイヤホンの性能はまずみないよ!素晴らしいワイヤレスイヤホンだと思う。

>>Anker公式サイトでLife P3を確認する

Anker Life P3 特徴・開封レビュー

ここからAnker Life P3 レビューを書いていきます。まずは特徴から。

特徴

Anker Life P3の特徴
  • Anker独自のウルトラノイズキャンセリング搭載(環境で選択できる)
  • 低音と高音が得意
  • IPX5の防水性能(雨の中でも使えるレベル)
  • ケース込みで最大35時間のロングバッテリー(イヤホンのみで最大7時間)
  • 外部音取り込み機能あり
  • Qiワイヤレス充電に対応
  • Soundcoreアプリ対応で好みにカスタマイズ
  • イヤホンを探す機能搭載
  • ゲーミングモード搭載で音ズレしにくい

特徴を洗い出していると思いますが、「ノイキャン・アプリ対応・ワイヤレス充電・イヤホンを探す機能」これらの機能がつい8,000円は考えられないコスパの良さなんですよね。

こびぃ

Ankerイヤホン最近本当にクオリティ高い

スペック

項目詳細
商品名Life P3
役割完全ワイヤレスイヤホン
サイズ5.29 x 6.09 x 3.1cm
重さ60g
ドライバー11mmドライバー
充電端子USB Type-C
ノイズキャンセリング
自動装着装置×
防水規格IPX5
通信方式Bluetooth 5.0
対応コーデックSBC / AAC
再生可能時間最大7時間 (イヤホン本体のみ)
最大35時間(ケース込み)
カラーバリュエーションブラック/オフホワイト/ネイビー/コールドレッド/ライトブルー
充電時間有線・無線ともに約2.0時間
Soundcoreアプリ

イヤホンを取り外すと、音楽が勝手に止まる「自動装着装置」はなし。

とはいえ、あれば便利な機能でなくても困らない機能なので気にならないかな、と。8,000円イヤホンなら非搭載は妥当じゃないですかね。

こびぃ

販売価格を考えると、むしろ性能的には大健闘!

カラバリは定番のブラック・ホワイトに加え、ネイビー・ブルー・レッドの全部で5色展開。好みのカラーから選べるようになっています。

Anker Life P3
出典:Anker

外箱/付属品

スクロールできます
Anker Life P3の外箱
パッケージ
Anker Life P3 レビューの付属品
付属品
Anker Life P3のケーブルType-CとA
Type-C tp USB-Aケーブル

通常のSoundcore Liberty同様のパッケージで、内包もミドルレンジクラスのものでした。付属品は以下のとおり。

付属品
  • Soundcore Life P3
  • ワイヤレス充電ケース
  • 5種のイヤーチップ(XS / S / M / L / XL※開封時の商品にはMサイズが取り付けてあります)
  • USB-C & USB-A ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • カスタマーサポート
  • 最大24ヶ月保証

ケース本体デザイン

Anker Life P3の本体

マットブラックな質感でいい感じ。AnkerハイエンドモデルのSoundcore Liberty 3 Proとほぼ同じデザインなので、所有欲が満たされる高級感があります。

スクロールできます
Anker Life P3の側面
正面
Anker Life P3のポートはUSB-C
背面の充電ポートはUSB-C
Anker Life P3の底面
各種認証や規格

接合部および可動部分は光沢あるピアノブラックで演出。背面部分に充電ポートのUSB-Cポートがありますが、Life P3はワイヤレス充電にも対応しているのであまり使う人はいないかもですね。Anker製なので、当然各種認証にPSEマークも入っています。

PSEマークとは

PSEマークは電気用品安全法と言います。これは電気用品の製造・輸入・販売を「事業」として行う場合の手続きや罰則を定めた法律です。

イヤホン本体デザイン

Anker Life P3の外側

本体ケースと同様マットブラックと光沢あるピアノブラックがいい塩梅で使用されています。Soundcoreの「dマーク」あたりにタッチセンサー搭載。本機はAirPodsと同様にうどん型タイプのイヤホンデザインです。うどん型のメリット脱着しやすいことで、デメリットもっさりデザインになってしまうこと。

Anker Life P3のイヤホン側

ドライバーは11mm使用で迫力あるサウンドを楽しむことができ、映画やアクションゲームなどでも臨場感あるサウンドをたっぷり味わうことができます。旧モデルが6mmドライバーなので進化というか別モノになっています。

スクロールできます
Anker Life P3の外側はマット素材
側面はLife P3の操作用タッチセンサーを搭載
Anker Life P3のイヤホンドライバー周り
密着性がAirPods Pro並のイヤーピース
Anker Life P3ドライバー部分アップ
11 mmのドライバー採用
Anker Life P3の内側R
右耳用にはR文字が印字
Anker Life P3のL
左耳用にはL文字が印字

イヤホン本体のデザイン性だけを見ても、旧モデルとは全く違うモデルじゃないの?って思うほど良い進化をしていて、ミドルレンジクラスのイヤホンよりハイエンドモデルを意識した設計になっていますね。普通にシックでかっこいい。

サイズ/重量

Anker Life P3のサイズ

サイズは約‎5.29 x 6.09 x 3.1cmで、小ぶりなタイプです。この小ぶりタイプの充電ケースは持ち運びやすいメリットがある一方で、デメリットは無くしやすいこと。でも大丈夫です。Life P3は探す機能搭載しているので、ケースをすぐに発見できます。

Anker Life P3の片耳重量
片耳:5.2g
Anker Life P3両耳の重量
両耳:10.4g
Anker Life P3no
ケース込み:60.5g

イヤホン本体は軽い部類の4gには届きませんでしたが、圧迫感を感じにくい5gレベルなので、超軽量じゃないといやだ!って人以外は問題ないと感じます。充電ケースもワイヤレスに対応ということで、多少重たくなっている感はありますが、それでも約60g。ポケットに忍ばせて、外出をLife P3と楽しむことができます。

サイズ/重量

サイズ:‎5.29 x 6.09 x 3.1cm

重量:公称60g(実測60.5g)

Anker Life P3のペアリング方法

Anker Life P3のペアリング方法を書きます。

STEP
Life P3のフタをあけて接続デバイスのBluetooth設定を開く
ペアリング方法

再ペアリングする時や画面にLife P3が表示されない場合は、Life P3のケースフタあけてすぐのボタンを長押ししてください。

STEP
タップをして「接続済み」にする
Anker Life P3とiPhone

こんな感じで、ワイヤレスイヤホン初心者でも感覚的にペアリングができるので簡単です。

マルチポイント・マルチペアリングは非搭載

欲しい機能すべて備わっているように見えるLife P3ですが、便利な「マルチポイントとマルチペアリングは非搭載」です。

コビロボ

このあたりがSoundcore Liberty 3 Proのようなハイエンドモデルとわかりやすく差別化されているね!

マルチポイントとは

1つのBluetooth機器と複数の親機を同時接続できる機能

例えば、ワイヤレスイヤホンで「スマホ」と「PC」をあらかじめペアリングができ、どちらの機器に着信があっても対応できます。

マルチペアリングとは

1つのBluetooth機器と複数の親機を接続できる機能 ※マルチポイントに似ていますが、同時接続は不可


例えば、ワイヤレスイヤホンで「スマホ」と「PC」をあらかじめペアリングしても、着信があると今接続している方でしか受電できません。

Anker Life P3をSoundcoreアプリに登録して設定する

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

Ankerシリーズのワイヤレスイヤホンのエントリーモデルを除くワイヤレスイヤホンは専用のアプリ「Soundcoreアプリ」があります。

この専用アプリに登録すると以下のことができるようになるのでぜひ登録してくださいね。

Soundcoreアプリを使ってLife P3でできること

Soundcoreアプリでも使用するワイヤレスイヤホンに応じてできることが異なります。Life P3の場合をチェックしておきます。

Soundcoreアプリ×Life P3

HearID×
ゲーミングモード
イヤホンを探す
睡眠モード
イコライザー
コントロール
モード設定
イヤーチップ装着テスト

Ankerのハイエンドモデルのイヤホン「Liberty Air 2 Pro」「Liberty 3 Pro」に搭載されているHearID(自分の耳に最適化されたイコライザー機能)は非搭載です。

とはいえ、自身でイコライザー設定できるのでそんなに気にならないです。

こびぃ

イヤホンを探す機能はAnker製のイヤホンでも今はほとんど搭載していないからうれしいね!

アプリの初期設定や内容を順に紹介します。

Soundcoreアプリについて、もう知ってるよ!って方はこちらを押すと飛ばすことができます。

STEP
Soundcoreアプリを取得してLife P3を登録する

ここからアプリ取得↓

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

サウンドコアアプリ取得
STEP
Life P3を選択したらファームウェアを更新
ファームウェア更新

これで使用するスマホの中にLife P3を設定するための準備が完了しました。あとはアプリで何ができるか見ていきます。

モード設定

アプリでモード設定

モード設定でできること

  • ノイズキャンセリングモード
  • 外音取り込みモード
  • 標準

を切り替えることができます。さらにノイズキャンセリングを細かく「交通機関」「屋内」「屋外」と設定可能。

こびぃ

その時の環境に応じてノイズキャンセリングの強さを決めることができるよ

ゲームモード

ゲームモードをオンにするとどうなるか

  • 映像と音声のズレを低減
  • ゲーム中のアクション音や足音などを強調

より臨場感のあるサウンドを楽しむことができるので、スマホゲームなどを楽しむ方は活用したいですね。

イコライザー

アプリでカスタムイコライザー

イコライザー設定は以下の2通り

  • プリセット(準備されたシチュエーションから選択)
  • カスタムイコライザー(自分の好みに調整)

音質にこだわりがある方は、カスタムイコライザーをつかってLife P3の音質を最大限まで楽しめる環境をつくることができます。

睡眠モード

アプリで睡眠モード

睡眠モードってなに?

  • リラックス効果のあるヒーリングサウンドを再生することができる

長時間の移動や休憩時に癒やされたい人は使用したい機能。

コントロール

アプリでコントロール

コントロールを設定はボタン割り当て

  • 音量アップダウン
  • 曲戻し
  • 音声アシスタント

などを割り当てることができます。

イヤーチップ装着テスト

アプリで装着テスト

イヤーチップ装着テストで、自分の耳とLife P3に装着しているイヤーピースのサイズがあっているか確認可能です。

こびぃ

音漏れしてる?ノイキャンの効きが悪い…こんなときに装着テストしてみてね!

Anker Life P3の操作

操作押し方

Life P3はタッチセンサー機能搭載モデルです。イヤホン側面をタッチすることにより、Life P3の機能をコントロールします。

操作方法は以下のとおり。

音楽再生時の操作

再生/停止右側Rを2タップ
曲送り左側Lを2タップ
曲戻しSoundcoreアプリで割り当て
音量を上げるSoundcoreアプリで割り当て
音量を下げるSoundcoreアプリで割り当て

Soundcoreアプリで割り当てると「曲戻し」と「音量±」を使用することができます。

通話時の操作

電話を受ける左側L or 右側Rを1タップ
通話終了左側L or 右側Rを1タップ
着信拒否左側L or 右側Rを2秒長押し

よくあるワイヤレスイヤホンと似たような操作なので、普段からワイヤレスイヤホンを使用している人はLife P3の操作に戸惑うことはなさそうです。

その他の操作(ノイキャンなど)

ノイズキャンセリング⇄外音取り込み左側L or 右側Rを長押し
音声アシスタントSoundcoreアプリで割り当て
手動でペアリング充電ケースのボタンを長押し
※ケースはしめた状態

ノイズキャンセリング⇄外音取り込みは頻繁に切り替えることが多くなるので、忘れないようにしたい操作です。

Life P3の操作性で、ダブルタップ時にやや癖がある感じがしました。ちょっと反応が遅い感じがします。

Anker Life P3の着用感・音質・ノイズキャンセリングなど

Anker Life P3は購入したから一定の満足度を得ていますが、「着用感・音質・ノイズキャンセリングなど」この当たりはイヤホンを評価する上で非常に重要なポイント。

順に確認します。

着用感

スクロールできます
Anker Life P3の装着時の正面
フロント
Anker Life P3のイヤホン装着時はかなり密着度たかい
サイド
Anker Life P3の裏側装着時
バック

イヤーピースさえサイズがあえば、高級イヤホン並につけ心地良し

個人的には、AnkerのLibertyシリーズのハイエンドモデルSoundcore Liberty Air 2 Proの一段回上のつけ心地の良さを感じます。

  • 走っても段差を歩いてもズレない
  • 密着性が高くパッシブノイズキャンセリングも効果的(イヤホン自体の遮音性が高く外音が届きにくい)
  • 長時間装着しても不快感なし

こんな感じの着用感で、まるでAirPods Proなの?!って感じることができました。自分は週2〜3回1時間程度ランニングをするのですが、落ちるリスクもなかったですよ。

こびぃ

これは普通に8,000円のイヤホンレベルではない

音質

LIFE P3音質

Anker得意の低域が重く響き、高域がシャープに刺さりつつ音の広がりがあるドンシャリ系のサウンド

ロック系は臨場感あふれるサウンドで、楽器ごとに音も棲み分けされており、非常に満足感が高いサウンドを楽しむことができます。

その分、ボーカルがやや後ろ側にいるイメージでガンガン表に出ない感ずに聞こえる感じ。

ドラム・ギター・ベース(特に良かった)の音質なんて高級イヤホンのそれです。

あと個人的に刺さったのはシンセサイザータイプの音楽。中田ヤスタカが手掛けたCAPSULE(jumper)の音楽を久しぶりにきいて、昔聞いてた時とは違う音楽に聞こえた(良い意味)のは衝撃でした。

低音
80
中音
70
高音
80
解像度
70

ノイズキャンセリング・外音取り込みモード

ノイキャンは高級イヤホンとかわらない

AirPods Proクラスのハイエンドモデルの遮音性

SONYのWF-1000XM4程ではないですが、軽くAppleのAirPods Proと同等レベルで驚愕

(ボクの中でノイキャンレベルはAirPods Pro < SONYのWF-1000XM4です)

ホワイトノイズものらないので普通にすごい。

こびぃ

5,000円〜10,000円クラスのイヤホンでは王者かもしれない。

無音空間を8,000円でつくりだすことができる

カフェで作業中や電車などの公共乗り物の中でも無音空間を作り出し、集中できる環境を構築できます。

車の音や人が自分の近くから話かけてくる音は、さすがに聞こえますが、AirPods Proのように良い具合に遮音され非常に満足。

空調機などの音も通常音から1割に満たない範囲しか聞こえません。

コビロボ

超コスパよくノイキャン搭載のイヤホンがほしいならLife P3でいいんじゃないかな

ノイズキャンセリング
80

マイク性能

めちゃくちゃいい。ノイズもほぼ入らず相手がストレスなく聞き取れるボイスを伝えることができる。

マイク性能ジャンルはAnkerが得意分野になりつつありますよね。

あまり表だってはいませんが、Soundcore Liberty 3 Proくらいからのマイク性能が格段に上がっています。

テレワーク仲間も興奮のLife P3

ボクは、よくテレワークやWebミーティングで使用するのですが、ちょっとラフな雑談をするときにマイクの聞き取りやすさをチェックしてもらっています。

ボクもそのチェックしてくれる方も一致しているのが「AppleのイヤホンよりAnkerのイヤホンの方がマイク性能は1ランク上!」っていつも言うくらい。

Life P3のマイクレベルは相当高いです。上記の知人も感動して購入しました笑

こびぃ

こっちの声が途切れることもないし、くもらずにクリアに聞き取れるんだよね。大事な電話やWebを使った会話でも積極的に使ったほうがいいイヤホン。

周囲が騒がしい場所でよくWeb会議や通話をする人に特におすすめできるイヤホンです

マイク性能
90

Anker Life P3の良かった点・メリット

ここではAnker Life P3の良かった点・メリットをかきます

メリット
  • 8,000円には思えない全体バランスが非常に優れているワイヤレスイヤホン
  • 音質そこそこノイキャン搭載のコスパ最強
  • 10,000円以内のモデルで珍しいワイヤレス充電対応
  • ノイキャン搭載なのに連続使用時間が長い

8,000円には思えない全体バランスが非常に優れているワイヤレスイヤホン

Anker Life P3とSoundcore Liberty 3 Proと中比較
左:Soundcore Liberty 3 Pro
右:Life P3(本機)

完璧ではないものの、多くの方の最適解と言えるワイヤレスイヤホン!というのが率直な感想です。

Anker最高クラスのSoundcore Liberty 3 Proには全体の質感、音質、操作性は劣るものの価格は倍ほど違うからしょうがないですね。

それより、もっと価格が近いSoundcore Liberty Air 2Proとの全体差を±5,000円の差を感じないです。

こびぃ

特に大きなこだわりないなら、Liberty Air 2Proを購入するならLife P3で良し!

音質そこそこノイキャン搭載のコスパ最強

ワイヤレスイヤホンを選ぶ人の中で、音質は普通レベル以上で何よりノイキャンを搭載+コスパを求めたい

こんな方には、Life P3のこのコスパ最強メリットが完全にぶっ刺さります!

こびぃ

8,000円クラスでこの性能は他ではないはず。さすがAnkerよ

10,000円以内のモデルで珍しいワイヤレス充電対応

Anker Life P3をワイヤレス充電
8,000円台ではめったにみないワイヤレス充電対応

Apple製品で同時充電できるワイヤレス充電器があれば、Life P3を充電できます。

Anker Soundcore Life P2iのようなエントリークラスのモデルだとこの機能はついていないんですよね。これボクのなかでは結構重要。

Life P3の充電時間

  • 有線充電時:約3時間
  • ワイヤレス充電:約3時間
こびぃ

ボクの感覚でワイヤレス充電機能って、10,000円を越えるモデルから搭載している感覚!ワイヤレスは面倒な充電作業がラクになるよ!

ノイキャン搭載なのに連続使用時間が長い

Life P3の連続再生時間

  • 最大7時間 (イヤホン本体のみ)
  • 最大35時間(ケース込み)

連続最大時間は、AirPods Proが24時間AnkerのハイエンドモデルSoundcore Liberty 3 Proが32時間と考えると驚異的な長さになります。

こびぃ

ノイキャン搭載なのに、ここまで連続使用時間が長いってほんとありがたい!1日5時間使用なら1週間もつよ!

Anker Life P3の気になった点・デメリット

気になった点もあるのでLife P3のデメリットを紹介します。

デメリット
  • 操作性があまりよくない

操作性があまりよくない

AnkerLife P3のそうさボタン

Soundcoreアプリ側の操作ではなく、物理的にイヤホン本体の操作です。

これはAnker製のワイヤレスイヤホンの当たり外れに大きく影響しやすいポイントなのですが、Life P3の感度はそこまでよくない印象を受けました。

ワンタップと長押し思った通りの操作ができるのですが、ダブルタップの動作がやや不安定です。

とはいえ、長期間使用するとようやくコツがわかりました。

ダブルタップのコツ

素早く2度押さずに、ポンッ・ポンッとワンテンポずらして2度目のタップをすると精度が高いです

Anker Life P3がおすすめの人・おすすめできない人

おすすめの人
おすすめできない人
  • コスパが良いイヤホンがほしい
  • ノイキャン搭載が良い
  • 音質が普通以上あればいい
  • 電話・Web会議などで使用したい
  • ハイエンドレベルの音質がほしい

本機、Anker Life P3をおすすめの人をご覧の通り、Life P3は万人受けしやすいワイヤレスイヤホンということ。

大人気なのも納得の品質と価格のバランスを感じました。おすすめの人に該当する方は一度製品のチェックを。

Anker Life P3を安く買う方法

普段から一番安く変える方法は「Amazon」です。

Amazonで安く買うステップは以下の通り

  1. アマギフチャージをする
  2. Life P3を購入する

これだけで、チャージ額に応じてポイント還元があり最大2.5%お得に購入できます。

Amazonを良く利用するなら、Amazonで常に安く買う方法をブクマしていつでもチェックできるようにすると良いですよ。年間で数万円単位で変わります。

Life P3を手に入れたら一緒に検討したいサービス

AmazonMusicUnlimited
出典:Amazon

せっかく高品質のワイヤレスイヤホンを手に入れたなら、Amazon Music Unlimitedに加入して高品質の音楽を毎日堪能したいですね。

Amazon Music Unlimitedの特徴

サービスの範囲音楽サービスのみ
※ただしPrime会員だと
primeの特典全て利用可
月額料金980円
(プライム会員は880円、学生は480円)
曲数9,000万曲
音質CD音質以上で
ハイレゾも対応
異なる端末での同時再生最大6台

※料金は個人の月額払いで記載

ちょっとした空き時間や通勤・通学時間がきっと今より楽しみになるので、使用したことがない人は無料期間だけでも試してみてください。

公式 お得なMusic Unlimitedの30日間無料体験に申し込む

無料体験を開始する

息抜きに音楽を楽しもう!

関連 Amazon Music Unlimitedの口コミ・デメリットを確認する

【まとめ】Anker Life P3は万人に受けやすい性能と価格のバランスの良さ

Life P3のレビューまとめ

本機Life P3はワイヤレスイヤホン好きも納得、初心者は感動できる。そんなイヤホンでした。もっと高性能がほしい!って方は、Soundcore Liberty 3 Proをおすすめします。

もう一度Life P3を簡単にまとめると以下のとおり。

簡単まとめ

良かった点
気になった点
  • 8,000円という安さ
  • 音質は並以上
  • ノイキャン搭載
  • マイク性能がかなり良い
  • イヤホンを探す機能搭載
  • 操作性がやや微妙
  • 音質にこだわる人は物足りない(特にボーカル)

ワイヤレスイヤホンのサブ機としても十分な性能を誇りますし、なんなら通話音声がクリアなので、電話用・Web会議用として1つ所持してもいいくらい。

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Anker Life P3のレビューまとめ
低音
80
中音
70
高音
80
解像度
70
ノイズキャンセリング
80
マイク性能
90
Anker Life P3 レビュー|コスパ最強本命のAnkerワイヤレスイヤホンはコレ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次