Anker 633 Magnetic Battery MagGo レビュー|iPhoneのMagSafe充電を2回できるスタンド可能タイプ

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のレビュー
お得情報

この記事で分かること

  • Anker 633 Magnetic Battery MagGoのレビュー・使用感
  • iPhoneを約2回充電できるMagSafeモバイルバッテリー
  • MagSafe充電しながらスタンドできるiPhoneのモバイルバッテリー

iPhoneにMagSafeが搭載されてから、早くも2年近く経ちMagSafe専用のアクセサリーも徐々に充実してきましたね。

そんなMagSafeアクセサリーで一番需要があるであろう専用のモバイルバッテリー。

これまでiPhoneを1回しか充電できないモバイルバッテリーが多かったんですよね。

そこでこの充電1回問題を解決すべくAnkerから容量10,000mAhで、iPhoneを約2回充電できるMagSafeモバイルバッテリーが発売されました。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド部分
スタンド付属タイプのMagSafeモバイルバッテリー

実際に使ってみてどうだったのか先に伝えておくと、「ボクは微妙でした。従来型の622モデルの方が好き。スタンド機能がかなりお粗末だった…」その点も含めてレビューしていきます。

とはいえ、MagSafe専用モバイルバッテリーは市場に良いモノが少ないので、MagSafeおすすめのモバイルバッテリーの1つに変わりはありません。

Anker 633 Magnetic Battery MagGo

評価:

充電性能
80
使いやすさ
60
携帯性
60
コスパ
40
良かった点
気になった点
  • iPhoneを約2回充電
  • 充電速度が遅くない
  • ズボラとの相性良い
  • スタンドが不安定すぎ
  • 重たい
  • 高い

こんな人におすすめ

  • MagSafe充電を普段からガシガシ使用
  • モバイルバッテリー本体の充電を忘れがち
  • 携帯性<性能を重視したい

ボクは従来型の方がおすすめでした↓

目次

Anker 633 Magnetic Battery MagGo レビュー

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo) とiPhone 13 Proの大きさ

従来型から容量が2倍の10,000nAhになり、さらにスペック向上してきたAnkerのMagnetic Battery MagGoシリーズの最新型633の特徴から見ていきます。

1分でわかる特徴

特徴
  • 容量10,000mmAhでiPhone 13/iPhone 14を約2回充電
  • 最大7.5Wワイヤレスでくっつけながら充電
  • 有線時は最大20W充電
  • 充電+スタンドの2-in-1モデル
  • ワイヤレス充電時の充電量は10分で10%前後
  • iPhoneとApple Watchなどを2台同時充電可(合計18W)

Anker 633 Magnetic Battery MagGo(Amazon)の一番注目すべきポイントは、冒頭でも書いたとおりMagSafeワイヤレス充電iPhoneを約2回充電できること。

MagSafe充電出力も7.5Wあるため、そこそこの速度を誇ります。

ちなみに二世代前のPowerCore Magnetic 5000は5Wで、10分充電で5%~くらいしか充電できないくらい充電速度がかなり遅かったので乗り換えるには十分な理由の1つ。

スペック

ブランドAnker
製品名633 Magnetic Battery MagGo
重量218g
サイズ横幅:107nm
奥行:66nm
厚み:18mm
カラー
バリュエーション
ブラック
ブルー
ホワイト
出力
ワイヤレス
5W
7.5W
出力
USB-C
5V/3A=15W
9V/2.22A=20W
最大20W
出力
USB-A
5V/3A=15W
9V/2A=18W
最大18W
出力
USB-C
5V/3A=15W
9V/2.22A=20W
最大20W
パススルー充電対応
バッテリー容量10,000mAh

本体とモバイルバッテリーを同時に充電できる※パススルー充電にも対応しているので、ワイヤレスでiPhoneを充電しながらAnker 633 Magnetic Battery MagGo本体も充電できます。

こびぃ

カラーも3色から選べるよ!AnkeはMagGoシリーズを導入してから、今のApple同様カラバリが豊富になったね!

パススルーの充電時は最大7.5W出力が可能

付属品

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)の付属品
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のケーブル部分

付属品にUSB-C & USB-Cケーブルがついているのは嬉しい。たしかこれ従来型のときもCとCでした。

こびぃ

USB-C & USB-Cのケーブルが増えるのは今後を考えると嬉しいからね

付属品
  • Anker 633 Magnetic Battery MagGo本体
  • USB-C&USB-Cケーブル(0.6m)
  • 取扱説明書
  • 24ヶ月保証
  • カスタマーサポート

サイズ/重量

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)重量
約218g
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)とiPhone13 Proの重量
iPhone 13 Proと組合せると434g

容量が2倍に増えた影響もあり、重量は622 Magnetic Battery MagGoより1.5倍ほど重たくなっています。200g越えると使用感には影響しそう。厚みも13mm→18mmとやや大きめ

サイズ/重量
  • 横幅:107nm
  • 奥行:66nm
  • 厚み:18mm
  • 重量:218g

本体外観/デザイン

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)レビュー

表面はマットタイプ。デザインはなんだろ、なんかのぺっとしててかっこよくはない。スタンド部分は写真では高級感があるように見えますが、実物は結構チープです。というか、このスタンドが実用性に乏しいためかなりのデメリット。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)の手のひら持ってる表面
充電しながら数十分触っただけで指紋つきまくり

指紋がかなりつきやすいので取り扱いに注意が必要。このあたりを考えるとデザインも取り扱いやすさも従来モデルの622 Magnetic Batteryのほうが全然いい感じ。

こびぃ

あとやっぱり重たいね!200g越えるMagSafeモバイルバッテリーはかなり重たく感じる。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)の表面

内側はマグネットワイヤレス充電パッドになっていて、iPhone以外はワイヤレスで最大5Wで充電可能。AirPods・AirPods Proも充電できます。

こびぃ

MagSafe充電時の出力7.5Wは、まともな企業からでているモバイルバッテリーの中では最高出力だよ。

Anker独自の多重保護システム搭載で高い安全性を確保

過電圧保護や電子回路のショート防止、異物検知機能、温度管理などので安全に長期間使用できる設計

側面

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)側面
USB-C(PD対応20W)
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)の側面逆
電源・残量のLEDインジケータ
各種規格

側面は最高オブ最高!前回Anker 622 Magnetic Battery MagGoのレビュー時にここにUSB-Cポートがあれば完璧だった。って書いたのですが、今回のモデルで実現しました!

こびぃ

側面にあると、スタンド状態でiPhoneを充電しながらパススルー充電ができるんだよね!

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)上部
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のポート部分
電源ボタンとUSB-A(18W)

上部はボタン等何もなし、下部に電源ボタンとUSB-A(IQ対応)があります。このUSB-Aは最大出力18Wあるので、タブレットなども充電できる出力。このポートもいい感じ、ポート周りは全体的に改良されています。

電源ボタンを押すとLEDライト転倒

電源ボタンをおすと側面のLEDインジケーターが点灯して、バッテリー残量がわかります。

バッテリー残量

LED点灯数に応じて残留表示

  • 1つ点灯
    →0%〜25%
  • 2つ点灯
    →25%〜50%
  • 3つ点灯
    →50%〜75%
  • 4つ点灯
    →75%〜100%
本体充電前
モバイルバッテリー本体は有線充電
本体を充電
最大20Wで充電可

本体への充電する時の入力は20Wです。この出力でMagSafeモバイルバッテリーを充電できるのは、今の所本機だけじゃないでしょうか。強い。iPhone向けおすすめ充電器が1つでもあればフルスピードで充電できます。

ちなみにモバイルバッテリー本体のワイヤレス充電は非対応。

Anker 633 Magnetic Battery MagGo本体のフル充電時間は1時間ほどです

Anker 633 Magnetic Battery MagGoをスタンドにする方法

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド前
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド状態

収納式スタンドを指で引っ掛るとスタンドが簡単に完成。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド横から

iPhoneもしっかりそこから浮いているのがわかります。ただ、このスタンド機能いらなかったかも。

iPhoneとモバイルバッテリーのバランス
すぐに倒れる
スタンドってなんだっけ?ってなる

スタンドが不要だと感じた理由は、安定性が無く転倒しやすいから。重量に対して、スタンドが華奢+支える面が少なすぎるんですよね。よしもと新喜劇並にコケてくれるので、スタンドは使用しなくなりました。かなりお粗末な感が否めない誰が製品許可おろしたんだっていいたくなるレベル。

Anker 633 Magnetic Battery MagGoでiPhoneを充電して良かった点

約3週間ほど使用したAnker 633 Magnetic Battery MagGoの良かった点を紹介していきます。一番はやっぱり容量が豊富なことでした。

良かった点
  1. iPhoneのフル充電ができるのは最大のメリット
  2. くっつけながら充電+スタンド+パススルー
  3. マグネット(磁力)はかなり強力
  4. ワイヤレス充電時の充電量は10分で6〜10%前後
  5. 有線充電時はiPhoneを20Wで充電できる

1.iPhoneのフル充電ができるのは最大のメリット

iPhoneと633をくっつけている

MagSafeモバイルバッテリーって、充電効率が悪いため容量以下でしかiPhoneを充電できません。

したがって、容量5,000mAhのスタンダードなMagSafeモバイルバッテリーだと、これまではiPhone 13/14もiPhone 13 Pro/14 Proも80%くらいしか充電できませんでした。

本機の容量10,000mAhあれば、完全に一回はフル充電できるのでiPhone本体のバッテリーがヘタっている人や、満充電できないといやだ!って人には、このボリュームは嬉しいのは間違いないです。

こびぃ

モバイルバッテリー本体の充電が面倒だ!ってズボラタイプの人には相性抜群だね!

一度充電してもLEDライトが残量半分くらい

モバイルバッテリーとiPhone
一回充電後も半分ほど容量が残っている

iPhone 13 Proを一度フル充電すると、バッテリー残量を示すLEDライトが半分くらいのこります。

で、二回目の充電ができるのか試したのですが、2回目はフル充電できずにボクの場合は約65%止まりでした。

コビロボ

1回目の80%~100%まで充電する間の発熱で、充電ロスが生じて、2回目の充電量が控えめになっていそうだね。

2.くっつけながら充電+スタンド+パススルー

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo) とスタンド

くっつくとすぐに充電開始。いつものボァンて音がなります。

本体充電とスタンド
ワイヤレス充電+スタンド+パススルー

くっつけながら充電+スタンド+パススルー三拍子揃っているMagSafeモバイルバッテリーAnker 633 Magnetic Battery MagGo(Amazon)だけのはず。

パススルー充電時も最大7.5Wで充電できるので悪くない。

Qiワイヤレス充電対応デバイスは充電可能

AirPods Proなどを充電可能
最大5Wで充電可能

Anker 633 Magnetic Battery MagGoの充電する面は、AirPodsのようなQiワイヤレス対応デバイスならワイヤレス充電ができる。

Apple Watchのように専用磁気部分が必要なデバイスはワイヤレス充電不可なので有線ケーブルで充電する必要あり

3.マグネット(磁力)はかなり強力

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のマグネット強い
マグネットが強力で全く落ちない

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)は、Apple純正のMagSafeアクセサリーに引けをとらないほど磁力が安定しています。

動画は従来モデルのAnker 622 Magnetic Battery MagGoの磁力をチェックしたときのものですがこのマグネット力より強いんです。

つまり、本機633 Magnetic Battery MagGoのマグネットは最強レベルなのは間違いなし。

4.ワイヤレス充電時の充電量は10分で6〜10%前後

iPhoneを使用せずに充電のみ

充電量

だいたい10分6~10%ほどiPhoneをワイヤレス充電できます。

従来モデルのAnker初代のMagSafeモバイルバッテリーPowerCore Magnetic 5000より10分で3%ほど早くなっています。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)とiPhone本体

iPhone 13 Proを0%→100%充電した場合はだいたい3時間30分ほどかかります。さっきも書いたとおり画像のようにパススルー充電も可能。

追記:iPhone 14 Proでも同じくらいでした。

発熱しなくなっている

充電時の温度
スタンド部分の金属も熱くならないから持てる

前回の622モデルで改善された発熱問題も無事にクリア。iPhoneを使用しながら、充電しているとやや発熱はありますが40°いかないくらいでした。

5.有線充電時はiPhoneを20Wで充電できる

iPhoneを優先充電

有線ケーブル充電では20Wで充電できるので、iPhone 13 Proなら30分で50%近く充電できます。これはiPhone充電速度としては一番はやい状態。

  • 急いでいるとき
    →有線ケーブル充電
  • 余裕があるとき
    →MagSafeワイヤレス充電

上記のとおり、状況に応じてMagSafeでワイヤレス充電と有線ケーブルでの充電を使い分けたいですね。

Anker 633 Magnetic Battery MagGoの気になった点

容量や充電出力が魅力的なAnker 633 Magnetic Battery MagGoですが、気になる点もありましたので参考にしてください。

気になった点
  1. やっぱり重たいし分厚い
  2. スタンドが不安定すぎる
  3. MagSafeモバイルバッテリーの中でも頭一つ価格が高い

順に確認します。

1.やっぱり重たいし分厚い

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)をiPhoneに装着した状態

iPhone 13 ProやiPhone 14 Proに装着した時に総重量が、ほぼ500gなのでやっぱり重たい。ずっと500mlのペットボトルを持ってるのと同じですからね。

身軽にしたい人は、軽い気持ちで手を出すと購入失敗の原因になること間違いなし。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)とiPhoneの側面
633 Magnetic Battery MagGo(本機)
容量が大きい分サイズが…
Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhoneを組み合わせて持っている状態側面
622 Magnetic Battery MagGo(従来型)
バランスが良すぎる

重たいからの分厚いコンボのデメリットはなかなか強烈。

従来型の622は、2021年で買ってよかったものランキングに選べれるほど、便利なモバイルバッテリーだったのでやっぱりこの壁は厚かった。

コビロボ

とはいえ、容量10,000mAhでまともなモバイルバッテリーは市場に少ないから容量重視したい人は買って間違いないモバイルバッテリーだよ!

こびぃ

RPGで例えるなら、633 Magnetic Battery(Amazon)は戦士タイプでAnker 622 Magnetic Battery(Amazon)は勇者タイプ

2.スタンドが不安定すぎる

倒れる

スタンドで立てていても、手が当たったりちょっと力強くタップするとすぐに倒れます。

ハッキリいって、これテストちゃんとしましたか?って言いたくなるレベルで安定性がなさすぎてツライ…

Anker633の正面
縦向き
iPhoneとMagSafeモバイルバッテリーの充電
横向きモバイルバッテリースタンド
横向きフローティング
横向きスタンド

上の画像のとおり、一応スタンドにはなりますが、とてもじゃないけど実用性レベルではない。操作せずに画面を眺めるコンテンツを楽しむには問題ないですけどね。

従来型はスタンドの安定感も最高

以下はAnker 622 Magnetic Battery MagGoのスタンド状態です。

縦向き

Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Proの表向き
Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Proの斜め後ろ

横向き

Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Proの横向き状態
Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Proを横に向けた状態

フローティングモード

Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Proのくみあわせの横向き表
Anker 622 Magnetic Battery MagGoとiPhone13 Pro横向き

スタンドやモバイルバッテリー性能のバランスそのものを優先したいなら従来型のAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)(Amazon)がおすすめです。

3.汚れやすい(特に指紋がきつい)

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)は結構皮脂がつく

よごれは覚悟したほうが良いです。指紋がガンガンついてしまう。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)とキョンセーム

最強クロスのキョンセームやエレコムのクロスでもなかなか落ちません。長期間使用するとかなり汚れが目立ちそうなので、ブラックにこだわりがなければカラーはブラック以外をおすすめします。

以下の記事で紹介しているクロス3つ試しましたが、本機の汚れはなかなか落ちませんでした。なので、キレイ好きは結構きついかも。

4.MagSafeモバイルバッテリーの中でも頭一つ価格が高い

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)と他のMagSafeモバイルバッテリーどれがいい?

iPhoneのMagSafeおすすめモバイルバッテリーの中でも、価格が8,000円のものは本機のみ。

例えば、人気のCIOのハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリーなら※約5,500円(Amazon)です。

※価格は2022年11月時点

そう考えると、プラスで2,500円の価値があるかというと若干疑問が残るなぁと。

絶対に容量が欲しいって人以外は、コスパがかなり悪く感じるはずです。

関連 CIO ハイブリッドモバイルバッテリーのレビュー

従来モデル・さらに昔のモデルよりスペック自体は向上したけどどれが買い?

初代MagSafeモバイルバッテリーのPowerCore Magnetic 5000と旧型の622 Magnetic Battery MagGoスペック表の比較。

スペック表比較

スクロールできます
 項目Anker 622 Magnetic Battery MagGo本体外観
622 Magnetic Battery
MagGo
Anker 622 Magnetic Battery MagGo本体外観
622 Magnetic Battery
MagGo
Anker PowerCore Magnetic 5000の本体外観表面はマット素材ですべりにくい
PowerCore
agnetic 5000
容量10000mAh5000mAh 5000mAh
サイズ横幅:107nm
奥行:66nm
厚み:18mm
横幅:105nm
奥行:67nm
厚み:13mm
横幅:93mm
奥行:63mm
高さ:16mm
重さ(約)218g140g133g
ワイヤレス出力7.5W7.5W5.0W
USB-C出力20W12W10W
USB-C入力20W12W11W
スタンド性能あり
(やや難あり)
あり
(安定)
なし
おすすめ度
おすすめの人容量重視バランス重視価格重視
価格(約)
※リンクはAmazon
7,990円6,990円5,400

※価格は2022年11月時点

携帯性と実用性、さらに価格を考えると622 Magnetic Battery MagGo(Amazon)が一番おすすめです。

関連 Anker 622 Magnetic Battery MagGo レビュー

関連 Anker PowerCore agnetic 5000 レビュー

Anker 633 Magnetic Battery MagGoのレビューまとめ

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のレビュー

最後にAnker 633 Magnetic Battery MagGo(Amazon)をおすすめできる人とできない人をわかりやすくまとめました。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 容量重視したい
  • iPhoneを1回以上充電したい
  • 有線時の充電速度がほしい
  • モバイルバッテリー本体の充電回数を少なくしたい
  • コストを抑えたい
  • 軽くてコンパクトがいい
  • スタンド機能を安定させたい

本機は、容量が10000mAhのMagSafeモバイルバッテリーの中ではおすすめできるモバイルバッテリーの1つでしたが、全体としてはうーんといったところ。

そもそも、MagSafeモバイルバッテリーって現状は容量5,000mAhのサイズ感が使いやすいモノがおおいのは間違いないです。

これには、通常のiPhoneモバイルバッテリーとは使用する環境や場面が異なることが大きく影響してるため。

なにか作業しながら充電したり、軽く取り出してシームレスに充電したい時とMagSafeモバイルバッテリーは相性が良いんですよね。

だからこそ小型軽量タイプが良く感じます。

こびぃ

ボクも家で充電器がない所にいる時は、MagSafeモバイルバッテリーをくっつけてiPhoneを放置してる時も多いからね。

個人的には10,000mAh容量のMagSafeモバイルバッテリーはこれからに期待していきたいです!ではまた!

ボクは従来型の方がおすすめでした↓

Anker 633 Magnetic Battery MagGo

評価:

充電性能
80
使いやすさ
60
携帯性
60
コスパ
40
良かった点
気になった点
  • iPhoneを約2回充電
  • 充電速度が遅くない
  • ズボラとの相性良い
  • スタンドが不安定すぎ
  • 重たい
  • 高い

こんな人におすすめ

  • MagSafe充電を普段からガシガシ使用
  • モバイルバッテリー本体の充電を忘れがち
  • 携帯性<性能を重視したい
お得情報

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次