Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wレビュー|2ポート搭載USB-C急速充電器

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wレビューのアイキャッチ

この記事で分かること

  • Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの使用感/レビュー
  • 20W×2ポートでiPhone・iPadを2台急速充電可能
  • 1ポート時はMacBook Airを最高速度で充電できる40W出力

上記の通り、めちゃくちゃ便利な充電器、かつ進化を感じるNEW充電器がAnkerから登場しました。

新型のiPhoneやAndroidなどスマホを2台同時充電にふさわしい充電器のAnker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40W」登場!

1ポート時はMacBook Airも充電できるパワーも十分なかなり強い充電器。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40WとiPhone
40W2ポート搭載なのに超小型の充電器
iPhoneと相性バツグン

高出力なのに、これまた超小型なので外出時にも邪魔にならずにバッグやポーチにスッと忍ばせて持ち運ぶことが可能。充電環境を劇的に進化させることができます。

こびぃ

デバイス2台以上を持ち運ぶ人にはたまらない充電器だね!

それでは「Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40W」のレビューを書いていきます。

目次

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wレビュー

はじめに「Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40W」の1分で分かる特徴からチェックしていきます。

1分でわかる特徴

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのポートまわり
20W×2ポート
Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wの特徴
  • デバイスを2台同時にUSB-PD対応の急速充電可能
  • 最大出力20W×2ポート搭載の合計40W
  • 単ポート利用時40W
  • PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載
  • 新開発のActiveShield️搭載(安全保護機能)
  • PPS対応でAndroidスマホ高速充電
  • 「iPhone×iPhone」「iPhone×iPad」「iPad×iPad」のように状況に応じて充電できる
  • ほぼ4cm角のミニマムサイズ
  • 高級感のあるデザインなので良い意味で充電器っぽくないおしゃれ感あり

今話題のiPhone 13 ProiPad mini 6といった最新デバイスを同時にサクッと急速充電することができるのはアツい。

iPhoneの急速充電って結構ややこしいので、よくわかっていない方は下記の記事を参考にどうぞ。
※重要な内容ですが、わかりやすくすぐに読み切れる量です▼

スペック

ブランドAnker
製品名521 Charger (Nano Pro)
USB-PD 40W
重量85g
サイズ横幅:46mm
奥行:35mm
厚み:34mm
※プラグ部分除く
カラー
バリュエーション
ブラック
ホワイト
パープル
ブルー
出力
USB-C
5V/3A=15W
9V/3A=27W
15V/2.66A=40W
20V/2.0A=40W
合計最大40W
<PPS出力>
3.3V-16V/2.5A=40W
最大40W
入力100-240V 1.0A 50-60Hz

この充電器のスペックの何がすごいって、2ポート同時に使用してもどちらもしっかり20Wの給電があり、デバイスを2台とも20Wで充電しつつ、単ポートで最大40Wと高出力が出るところ。

こびぃ

2ポート充電器の特徴で多いのが、2台同時に使用すると最大出力が落ちたり、ポートによって出力が異なったりすることが多いんだよね。

そのため、2台同時の充電時の癖がなく「どっちで何ワット充電できたか…」って、いちいち覚えなくてもいいんですよ。

このあるようでなかった性能はめちゃくちゃ珍しいので、充電器マニアとしても嬉しい!

1ポート利用時に40Wの出力があるとMacBook Airも最大速度で充電できます

外箱/内容物

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの外箱
Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの外箱裏面

安定のAnker厚紙パッケージ。このデザインになって数年経つので、そろそろ新しいパッケージでてきそう。

開封しながら、改めて思いましたけどiPhoneもiPadも2台同時に急速充電できる性能はやっぱり魅力的ですね〜。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの内容物

同梱品は、「Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40W」本体含め3点。マニュアルはペラっとめくると、日本語部分もあるので安心。

内容物
  • Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40W本体
  • ユーザーズマニュアル
  • サポート案内(ハッピー&アンハッピーカード)

サイズ/重量

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wは手のひらサイズ

サイズは「46×35×34(mm)」と、ガジェット界隈でおなじみの手のひらサイズ。手に乗せた時にズッシリくる感じもなく軽い!

コンセントに挿しても干渉しにくい

1つの場合
Anker PowerPort III 2-Port 65Wと2つ挿すとギリギリ干渉しそう

横太りせず細長シルエットなので、Anker PowerPort III 2-Port 65Wのような高出力充電器と並列させてもぎりぎり干渉しない。

こびぃ

コンセント穴争奪戦は中々厳しいものがあるよね。この子は小ぶりでまわりに遠慮するタイプなのでコンセントまわりが平和になるよ!

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの重量約84g

おもさは100g以下で公称85g、軽く感じたのは当然のおもさだった。ちょうどトマト半カットしたくらいの重量。

サイズ/重量
  • 横幅:46mm
  • 奥行:35mm
  • 厚み:34mm
  • 重量:85g(実測83.7g)

デザイン/外観

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの前面USB-C2ポート側

ポート面はメタリックな質感。この鏡面タイプはチープっぽくなりやすいですが、質感が良いため高級感を演出した仕上がりになっています。ボクは好きなデザイン。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの側面にロゴあり
Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wの片側側面にはロゴなし

側面は片側のみに「ANKER」ロゴあり。本製品には新開発の※ActiveShield️を搭載しています。

ActiveShield️とは

搭載し優れた安全性を実現したAnker独自の温度管理と接続端末の保護システム。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのプラグインの表示

プラグ面に各充電規格の表示あり。

PPSにも対応しているので、Android端末を高速充電可能。※PPSはApple製品は非対応。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのプラグをむき出し収納不可

プラグの収納ができない点は残念ですが、そんなことを感じさせない一世代進んだスペックを感じる魅力があるのでそれだけで十分。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wの充電速度・充電能力をチェック

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wは、Anker独自技術の「PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載」充電機器に応じて適切な電力を流してくれます。

本体はUSB-C(PD対応)を2ポート搭載しているので下記のとおり

  • 1台充電時
  • 2台充電時

を順番に確認していきます。

1台充電時【40W×1ポート=40W】

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40WでMacBook充電もOK

MacBook Proですが、計測時に38Wで充電できました。Proの13インチだとおおよそ7~8割程度の充電速度。

MacBook Airだと30Wあればフルスピードで充電できます。約1時間30分もあれば、MacBookをフル充電できます。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wを使用してiPhone1台充電0

iPhone 13 Proを1台だけ充電してみる

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wは1台だと20W

約20Wの出力確認

理論値実測値
40W<MacBookの場合>
約38Wで充電
40W<iPhoneの場合>
約20W(iPhoneの最大受電量)

計測時はちょうど新型iPhoneに必要なフルパワーの20Wで計測でき、iPhoneを急速充電

そのあと何度かチェックしましたがおおよそ16~19Wくらいで安定して給電できていました。

20Wで充電できると最新のiPhoneなら約30分で50%以上充電できるので、めちゃ便利。

2台充電時【20W×2ポート=合計40W】

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40WでiPhone×2の出力チェック

iPhone 13 ProとiPhone SE2を同時に充電

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのタブレット充電時逆側

1台約17W、もう1台も約16Wで計測

理論値実測値
20W×20W(合計40W)約17W×約16W(合計33W)

iPhone 13 ProもiPhone SE2も公称通りに同時に急速充電できているので一安心。どちらも30分で0%→50%ほど充電できました。

充電器がアッツアツになることもなかったので、安全面でも今のところ問題なさそうです。

iPhoneの充電器が熱いとリスクが多いので理由や原因を知らない方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

関連記事 「iPhone・iPadが熱い!充電器が熱い!」大丈夫じゃない?対処方法は簡単8つ

Anker製品はケーブルも優秀

Anker PowerLineⅢ Flow『USB-C&USB-C』はケーブルが絡まらないし高耐久

AnkerのケーブルPowerLineⅢ Flowは全く絡まらないので、メイン機器の充電ケーブルとして最高なので持っていない方はぜひ一度検討してほしい製品。

ライトニング版もあります

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wの「良かった点」

よかった点は全部で下記の通り4点。

良かった点
  1. 出力20W固定×2ポート搭載の40W
  2. 充電に小回りが効くので使いやすい
  3. Anker製他の製品と比較しても超小型(スペックに対して)
  4. デザイン・質感に高級感あり

順に見ていきますね。

1.出力20W×2ポート搭載の40W

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40WはiPhone充電器専用として使用しやすい

iPhoneに限らず、Androidスマホなど今やスマホ2台持ちの方も少なくありません。そこで大活躍するのが、本機になります。

やっぱり2台でも20W以下にならなずに2台同時に急速(高速)充電できるスペックは最強だな〜と、

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wを使用して改めて感じる。

こびぃ

上下どっちで充電しても20W以上の出力で充電できるのが本当にありがたい!

コビロボ

もちろん単ポート利用時に40Wで充電できる性能も魅力的だね!

2.充電に小回りが効くので使いやすい

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのワット数的にスマホ×タブレットが充電可能

2ポート利用時に出力が落ちず、どちらも20Wで充電できるので「iPhone×iPad」や上画像のように「iPhone×Kindle Paperwhite」といった組み合わせで急速充電が可能。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wはタブレット×2も充電可能

さらに、「iPad Air 4× iPad mini 6」といった人気のiPadも同時に充電できるというサイズに見合わない力強さ。

これ本当にめちゃくちゃ使いやすい。

コビロボ

自宅で家族でシェアするときも、ポートの取り合いにならないから望まない喧嘩も発生しないよ?笑

3.Anker製他の製品と比較しても超小型(スペックに対して)

Ankerといえば、最新技術「Anker GaN Ⅱ」搭載のAnker Nano 2シリーズが最近アツい充電器ですよね。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのサイズ感を並べた状態
本機は一番みぎ側

下画像左から

このAnker Nano Ⅱの充電器シリーズといえば、ハイスペックかつ小型なのですが、すべて1ポートしかなかった部分が弱点でもありました。

本製品は2ポート(20W×2ポート)40Wですが、Nano Ⅱシリーズに負けず劣らずの性能とサイズ感。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのポート部分比較
左から30W、45W、65W、40W

ちょうど30Wと45Wの間のサイズ感で、外出時にもストレスなく持ち運べるのがめちゃくちゃ良い点です。

ボクがおすすめしているガジェットポーチならどれでもラクに持ち運びもできるサイズ感はやっぱり強い。

4.デザイン・質感に高級感あり

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wつまめるサイズ感+高級感あるデザイン

パット見た感じ、鏡面部分がチープなのかな?と思いきや質感に重厚+無骨な感じが伝わってくるので、むしろ高級感が剥き出しになっているデザインが良い。

とはいってもこの辺りは好き嫌いが分かれるところなので、超シンプル・超ミニマルデザインが好きな人は苦手かもしれない。ボクは好き。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wの「気になった点」

次は良かった点とは逆に「気になった点」をご紹介。

気になった点
  1. 本体にホコリがつきやすい&目立つ
  2. 決して安くはない

大したデメリット(気になる点)がなかったのが正直な感想ですが、上記2点を順に見ていきます。

1.本体にホコリがつきやすい&目立つ

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wは側面にほこりがつきやすい

艶のある素材なので、ホコリが目立ちやすくつきやすい。

とはいえ、充電器の性能に支障があるわけではないので、さしたる問題ではないのですが。

ボクのように写真を撮りまくる人は大変だと感じる。

2.決して安くはない

本体価格が約3,900円と、はっきり言って全く安くはない。

3,900円は「Anker NanoⅡ65W」と同等価格。こっちは1ポートながら65WでM1 MacBook AirM1 Pro MacBook Proを急速充電できまますからね。

ポート数の差は大きいですが…

同じ価格帯で「1ポート65WのAnker Nano Ⅱ 65W」or「2ポート40WのAnker 521 Charger 」を取るか。と充電器の所持状況によっては悩むレベルの価格帯。

どっちがおすすめかは「何を主に充電するか決めておく」とわかりやすい

価格と性能で悩んだら下記のように考えるとわかりやすいです▼

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wのレビューまとめ

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD USB-C 40Wについてレビューを書きました。

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wのレビューまとめ

2ポートで20W充電できる力は、iPhoneの充電速度を落とさずに充電器をひと纏めにできるので非常に魅力的な製品。

iPhone・タブレット用の充電器スタメン変更しました。

また、1ポート時に40Wの出力はMacBook Air持ちの方は最高に嬉しいスペックではないでしょうか。

この充電器1つあれば外出時の充電まわりもスッキリさせることができます。ぜひ一度チェックしてくださいね。

それでは良き充電器ライフを!

あなたにおすすめ関連記事

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時に普通に買い物をすると損をするので、

Amazonギフト券をチャージ > 通常通り欲しい物を購入する

上記の手順でギフト券をチャージしてからAmazonで買い物すると最大2.5%ポイント還元でお得になります。

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

amazonギフト券をチャージして買い物するとポイント最大2.5%還元できるボタン

\最大2.5%ポイント!/

Anker 521 Charger (Nano Pro) USB-PD 40Wレビューのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
目次
閉じる