Amazonベーシック モニターアーム長期レビュー|エルゴトロンOEMで安定力ありコスパ最強のシングルデスクマウント

Amazon basicmonitorarm reView

モニターを持っていると一度は憧れるモニターアームの導入。

DELL U3223QE レビュー

スタンドありでモニターアームなし

モニターアームでモニター下が浮く

スタンドなしでモニターアーム

画像のようにモニターアームを導入するだけで、モニター下がスッキリしてよりシャープな見た目になり、おしゃれかつかっこよくなるんですよね。

しかも、ただ見た目が向上するだけでなく、モニター下のデッドスペースが活かすことができるため、合理的な側面もあり、デスク環境の実用レベルを上げることができます。

モニター↓
ワイヤレススピーカーも設置可能

例えば、モニターアーム導入で生まれた空間を活かして、Appleユーザーはほぼ持っているであろう、MagSafe充電スタンドをおいたり、Audioengine A2+ Wirelessのようなスピーカーを設置可能に。

当然、使用しているキーボードやマウスをデスク下に収納もできます。

上記のようにモニター・デスク周りをさらにパワーアップさせることができるアイテムがこれから紹介するAmazonベーシックのモニターアームです。

今回は約3年ほど使用した長期レビューを書いていきますので、導入に悩んでいる方は参考にしてください。

この記事でわかること

  • Amazonベーシックデスクマウント/シングルモニターアーム長期レビュー・使用感
  • 手持ちのモニターを浮かす方法
  • デスク以外にもリビングデスクにモニターアームを導入する方法
Amazonベーシックデスクマウント/シングルモニターアーム
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コスパ最強のモニターアームの1つ
  • 3年ほど連続使用したが安定力は全く問題なし
  • ガススピリング式でモニター移動が楽で苦じゃない
  • 自由度が高い
デメリット
  • Amazonロゴが野暮ったく見える
  • 小さい六角レンチがなくなりやすい
目次

Amazonベーシック デスクマウント/モニターアームの基本情報

モニターアームといえば、おすすめ第一候補になりやすいAmazonベーシックデスクマウント モニターアームについて「特徴」「スペック」など基本情報を確認します。

特徴

特徴
  • コスパ最強クラスのモニターアーム
  • ガススプリング式でラクラク可動
  • 横と高さの可動域が広い
  • マットブラックで高級感あり
  • エルゴトロンのOEMで確かな品質

Amazonベーシック デスクマウント/モニターアームはモニターアーム界隈内でも、コスト<品質と言われていてコスパ最強のアームとして君臨

スペック

項目詳細
ブランドAmazonベーシック
商品名デスクマウント シングルモニターアーム
取り付けタイプテーブルマウント
ムーブメント回転式
材質アルミニウム
対応サイズモニターサイズ:32インチ
重量:11.3kg
可動範囲後方70度から前方5度
横向きから縦向きへの回転(ピボット)
VESA規格MIS-D、MIS-C(100x100mm、75x75mm)
製品サイズ‎65.02 x 15.24 x 41.15 cm
重量3.54 kg
カラーBlack

Amazonベーシック デスクマウント/シングルモニターアーム レビュー

Amazonベーシック デスクマウント/モニターアームのレビューをしていきます。

パッケージ/付属品

モニターアームの付属品と取り扱い説明書
アームはしっかり緩衝材の溝に埋まってる

Amazonダンボールに包まれて、開封するといきなりアーム本体が登場!

梱包は丁寧にパーツごとにくぼみが作られた緩衝材にスッポリ収納されていて、微動だにしない状況で配送されます。

Amazonモニターアーム付属品すべて

付属品は量が多いので、紛失には気をつけましょう。まとめると以下のとおり。

付属品
  • 上部アーム / 下部アーム
  • グロメットブラケット
  • ブラケットカバー
  • 蝶ナット
  • モニターとモニターアームを結合する10mmノブ (4個)
  • 10mm ねじ (4) / 6mm ねじ
  • 4mm アレンレンチ / 2.5 mm アレンレンチ
  • ケーブル紐 (2個)
  • 説明書

外観/デザイン

アーム部分

アームパーツ

上部アームと下部アームが別々では言っていて、質感は同じアルミニウムブラック。

本体はマットかつ剛性高い感じ

本体はマット素材なので、高級感があっていい感じの質感です。一箇Amazonベーシックのロゴが入っていています。

アームのクランプ部分

アームの根元部分だけの状態
アームの根本部分

アームを固定する代もアーム本体と同じカラー・素材です。

こちらにもロゴがあり、アーム部分のロゴより、この台のAmazonベーシックロゴはデスク側からむき出しになる場所なのでもう少し控えめだったら嬉しかった。

Amazonベーシックのロゴはいらないよぉ…って方も多いと思うので、あとで消し方を紹介します。

上記のアーム上下と台を組合せて、デスクにマウントしてモニターアームとして使用します。

Amazonベーシックのシングルモニターアームを使用してデスクに設置

実際にAmazonベーシックのシングルモニターアームの取り付け方法や手順を紹介します。

取り付け方法・手順

方法・手順は以下のとおり。

  1. 台の取り付け
  2. アーム下部を取り付け
  3. モニターにアーム上部を取り付け
  4. アーム上部と下部をドッキング
  5. 微調整して完成

STEP1:台の取り付け

モニターアームの土台とりつけ
クランプの裏側

台をデスクでくっつけたい位置に挟み込んで、クランプネジを回す。

※この方法はデスクに穴を開けない場合です。

STEP2:アーム下部を取り付

モニターー無土台をつける

台にアーム下部を取り付ける。

STEP3:モニターにアーム上部を取り付け

ネジを回す
ネジを4つ取る
スタンドをはめる
モニター裏へ設置

モニターのVISAマウント側にアームをネジで締め付けて取り付ける。

STEP4:アーム上部と下部をドッキング

モニター取り付け

モニターを装着した上部アームをデスクに設置している下部アームにくっつける。

上から被せるだけで取り付けできる。

STEP5:微調整して完成

モニターアームネジ締め

備え付けの六角レンチでアーム部分の強度やサイズ調整を行う。

高い位置で固定
armの高さを変えることが可能
低い位置で固定
アームでモニターが浮く

モニターが浮いて完成!

【使用感】Amazonベーシックのシングルモニターアームは安定感が高い・汎用性が高い

Amazonベーシックのシングルモニターアームの使用感を紹介します。

32インチを取り付けても全然ビクともしない【安定感あり】

縦モニター側がモニターアーム
普段は縦型27インチモニターでAmazonモニターアームを使用している
32インチモニターをアームで固定
32インチモニターにアームを付け替えてみた

普段は、Dell U2720QM(27インチモニター)に取り付けています。

今回は検証のためにDELL U3223QE(32インチモニター)に取り付けてしばらく使用しましたが、ガッチリ固定されています。

アームの出し入れ

32インチまで対応しているアームで装着モニターがちょうど32インチ。

この安定感を見る限りまだまだ余力がありそうな感じ。

耐荷重は11.3kgまであるので、DELL U3223QEがモニター約5kgほど。

装着時の安定感から鑑みるにアームが耐えるために重要なのは、モニターのサイズというより、重量に依存していると感じます。

リビングのダイニングデスクなどにも設置可能

リビングデスクにモニター
リビングデスクで使用可能

過去のボクはデスク部屋がなかったので、渋々ブログ作業のために自宅のリビングテーブルにくっつけていました。

これも問題なしです。

リビングデスクを保護したい場合

  • リビングでテーブルを傷つけたくない
  • リビングテーブルが細くてマウントできない

こういう人は補強プレートを噛ますことにより、問題が解決します。

実際に自分もこのリビングテーブルにマウントさせた状態で2年以上使用したので、安定感・安心感は間違いないです。

補強板表面
補強材
ダイニングテーブルにAmazonベーシックアームで固定可能

取り付け方法も通常のモニターアーム取り付け方法に、少しのステップを加えるだけで簡単です。

あとは通常のモニター設置手順どおりにすれば完成。

こびぃ

普通にモニターデスクに装着するのとなんら変わらない使用感だから、自宅の部屋問題があってモニター設置を諦めていた人は参考にしてね!

著者が使用した補強プレートはこちら↓

エルゴトロンのOEMだからこそ安心感がある

エルゴトロンアーム台
これはエルゴトロンのモニタアーム

Amazonベーシックってモニターアームに限らず、ほとんどのモノがコスパ最強クラスとして、Amazonショッピングで名を馳せています。

そんな中でもこのモニターアームは、頭1つ抜けているなぁという印象。想像以上に品質の良さを感じるんですよね。

理由は、エルゴトロンのOEMだから。エルゴトロンといえば、モニターアーム界隈の雄。

こんなに頼もしいPB製品を作れるのは、さすが世界企業Amazon!と言わざるをえません。

おかげで安定感抜群コスパ最強モニターアームの誕生です。

締め付けをコントロールする必要あり

モニターを交換する時に調整が必要だったりするので、六角レンチで締め直しや調整が必須です。

モニターがだらんと落ちる場合は根本部分を固めに締める

モニター  アームでついた状態

このようにモニターアームをつけているのに、上に持ち上げるとダラッと垂れてきてモニターが低い位置になるときがあります。

これの原因は、モニター裏側のネジが緩いため。直す方法は以下のとおり。

モニターアーム六角レンチ部分
モニターアームを締める

モニター裏のアームの可動部分の六角ネジを固く締めるだけ。これでモニターが落ちなくなります。

モニターアーム下がキレイになった状態
高さを上げてもモニターが下がらない

モニターの高さも出すことができ、よりスタイリッシュな印象へ。

CalDigit TS4

モニター下にCalDigit TS4のようなドッキングステーションを置いて、拡張することもできます。

モニター調整時に六角レンチが見つからない人は、六角レンチセットを準備しましょう。

Amazonベーシックのシングルモニターアームを使ってみてよかった点(メリット)

Amazonベーシックのモニターアームを約3年ほど長期で使ってみてよかった点(メリット)をまとめました。

メリット
  • コスパ最強のモニターアームの1つ
  • 3年ほど連続使用したが安定力は全く問題なし
  • ガススピリング式でモニター移動が楽で苦じゃない
  • 自由度が高い

コスパ最強のモニターアームの1つ

コスパ最強のモニターアーム

モニターアームはピンキリですが、正直安物アームは全くおすすめできません。

安いモニターアームをおすすめできない理由

  • モニターを可動させると外れそうになるアームがある
  • モニターの落ちるリスクが高い

本記事のAmazonベーシックモニターアームは安い価格ながら、エルゴトロンOEMという折り紙つきの品質。

まさにモニターアーム界きってのコスパ最強アームと呼べる逸材です。

迷ったら、このAmazonモニターアームで問題なしです!

3年ほど連続使用したが安定力は全く問題なし

デュアルモニター
左のモニターがアームで固定中

確かな製品力を感じるモニターアームなので、安全・安心して使用できます。

実際に3年ほど使用していますが、利用初期から一度も不具合はないし、経年劣化しているような感覚もなし。

もちろん外観には擦り傷などはありますけど、使用に差し支えありません。

ガススプリング式でモニター移動が楽で苦じゃない

アームのばした後
アームのばした後

モニターアームは、主にガススプリング式メカニカルスプリング式があります。違いは次のとおり。

アーム種特徴価格
ガススプリング・配置調整が楽
・安定感が高い
高い
メカニカルスプリング・配置調整に力が必要
・モニターを支える力が弱い
安い

本機のAmazonベーシックモニターアームはガススプリング式なので、移動がスムーズで任意のポジションを取りやすく、さらに安全に使用できます。

こびぃ

軽々動くから、任意の場所に動かしやすいのもあるね!

自由度が高い

アームの下にキーボード入れれる

モニターアームとスタンドの大きな違いは、「モニター下の空間を有効活用すること」「目線に合わせて微調整ができること」

つまり、自由度が高くよりモニター周りを自分好みにすることができる周辺機器。

そしてキーボードなどの収納もできるっていう優れた万能アイテムがこのAmazonベーシックモニターアームです。

Amazonベーシックのシングルモニターアームを使ってみて気になった点(デメリット)

Amazonベーシックのモニターアームを約3年ほど長期で使ってみて気になった点(デメリット)

デメリット
  • Amazonロゴが野暮ったく見える
  • 小さい六角レンチがなくなりやすい
Amazonベーシックのロゴがダサい
Before

Amazonベーシックロゴは消したい人も多いはず。ボクもその一人。

対処法あり

Amazonロゴを隠す

自分はブラックマスキングテープを購入してAmazonエーシックロゴに引導を渡しました。

Amazonロゴを消去
After

近くでみるとテープを貼っているのが見えますが、遠目はほぼわからない。

神経質すぎない人はこの方法で対処するとスッキリモニターアームが完成するのでぜひ参考にしてください。

小さい六角レンチがなくなりやすい

付属のレンチはなくなりやすい
付属の六角レンチの管理が面倒すぎる

これ、Amazonベーシックモニターアームにも付属していますが、六角レンチって保管が面倒じゃないですか。

いざって時に無くしてたり、見つからない。こういう付属品で困らせてくる上位アイテムだと思います。

この際付属の六角レンチに振り回されるのは卒業しよう

レンチを購入すれば解決

マルチ六角レンチが自宅に1つあれば、いろんな製品を購入時についている付属のレンチはほぼ不要になります。

シュッと出せて、サクッと使えるのでボクは国産のHOZANのマルチ六角レンチを愛用中。

手のひらサイズに収まっているのも使いやすく保管しやすいので良いですよ!

Amazonベーシックのシングルモニターアームはこんな人におすすめ

Amazonベーシックのモニターアームを3年ほど使用したからこそわかるおすすめの人とおすすめできない人をまとめました。

おすすめの人
おすすめできない人
  • AmazonPBでも良い
  • コスパを追求
  • アーム選びを失敗したくない
  • AmazonPBが気になる
  • とにかく安いアームが欲しい

このとおり、コスパが良いアームや失敗したくない人は、Amazonモニターアームを強くおすすめできます。

Amazonプライベートブランドってのが気になりすぎる人にはおすすめできません。

もっと安いアームを求めている人にもおすすめできませんが、そもそも安すぎるモニターアームはやめた方がよいです。

モニター落下のリスクが高まりますからね、よってモニターアームは価格だけでは決めない方がいいですよ。

Amazonベーシックのシングルモニターアーム「安く買えるタイミング・安く買う方法」

何度か説明しましたが、AmazonべーシックモニターアームはAmazonのプライベートブランド(PB)です。

よって、楽天やYahoo!ショッピングなどでは購入できず、基本的にはAmazonから購入することになります。

で、Amazonならいつ安く買えるんだ?!ってことですが、「タイムセール」「年間セール(特にビッグセール)」で安く買えます。

通常購入する時は、チャージしてからモニターアームを購入するだけでも0.5%お得に買えるので参考にしてください。

フリマサイトの中古が安くても買わないほうが良い

某フリマサイトでAmazonベーシックモニターアームが安く販売していても絶対に購入しない方が良いです!

理由は次のとおり。

  • 本来ついている保証が受けれない可能性がある
  • アームより高価なモニターを守るためにもAmazonから購入スべき

Amazonベーシックモニターアームを少しでも安く買いたい気持ちは重々承知してます。

ですが、安いからといって飛びつくとえらい目に合う可能性が上がってしまうので、どこぞの誰かからフリマサイトを経由して購入することは推奨できません。

例えば、取り付け時に不具合が発生しても対応してもらえないし、実は欠陥品だったみたいなことが発覚しても、Amazonで交換もしてもらえません。

こびぃ

目先の価格に踊らされないように!大切なモニターのためにも絶対にAmazon公式から購入したほうがいいよ!

Amazonベーシックのシングルモニターアーム レビュー【まとめ】コスパ最強デスクマウントは本当だった

Amazonベーシックデスクマウント/シングルモニターアーム
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コスパ最強のモニターアームの1つ
  • 3年ほど連続使用したが安定力は全く問題なし
  • ガススピリング式でモニター移動が楽で苦じゃない
  • 自由度が高い
デメリット
  • Amazonロゴが野暮ったく見える
  • 小さい六角レンチがなくなりやすい

Amazonベーシック シングルモニタアームのレビューを書きました。

本機は、コスパ最強アームと呼ばれていたけどこれは本当だった。ってことが長期使用したレビューでわかりました。

これからモニターアームを調達する予定の方で、モニターアーム選びを失敗したくないなら、必ず候補にいれた方が良いモニターアームです。

気になる人は一度チェックしてくださいね!ではまた!

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら
※2022年末で一旦終了中

Amazon basicmonitorarm reView

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次