Amazon Kindle Unlimitedの気になるデメリットや口コミ!Prime Readingとの違い・評判・料金もまとめて解説

Amazon Kindle Unlimitedとは?Prime Readingと違いや評判・口コミ情報!デメリット・料金を徹底解説

もっと読書したいけど書籍購入のコストや収納場所がネック、という方にぴったりなサービスであるAmazon Kindle Unlimited。

ですが、Kindle Unlimitedをあまり知らない方からすると

  • Prime Readingとの違いがわからない
  • Kindleの専用端末が必要?
  • 本当にお得?

など、自分にとってのメリット・デメリットがわかりにくく加入を迷う人も多いハズ。

そこで自分に合ったサービスを選び、これまで以上に心地良い読書体験ができるようAmazon Kindle Unlimitedについてわかりやすく解説します。

こびぃ

Amazonプライム歴10年以上のボクがわかりやすく解説するよ!

Prime Readingとの違いや比較・評判・口コミ情報や料金なども気になってる人は、ぜひ参考にしてください。

>>Amazon公式HPよりKindle Unlimitedの無料体験を申し込む

30日間の無料体験を開始する

Kindle生活を楽しむために登録したい!

他の人はこちらも検索

目次

Kindle Unlimitedとは

Kindle UnlimitedとはAmazon会員なら誰でも加入できる、200万冊以上の電子書籍が読み放題になるサブスクリプションサービス。

ジャンル・冊数・料金のバランスが良く、コスパが高いと評判です。常時最大20冊までAmazonデバイスやスマホのアプリなどに保存可能。

まるでカバンやポケットの中に図書館を入れて持ち歩いているかのような気軽さや便利さが魅力で、読書好きや仕事柄インプットが必須の人におすすめです。

  • 対応端末
  • 取り扱いジャンルや冊数
  • 利用料金

この辺りが加入の有無を判断する上で気になるところ。

次に詳しく紹介します。

対応端末やアプリ

Kindleの対応端末は複数あり、Amazonが販売するデバイスとそれ以外の端末から選択可能です。

Amazonデバイス

  • Kindle(電子書籍リーダー)
  • Fireタブレット

より紙の本に近い感覚を味わいたい場合は、読書に特化した専用端末であるKindleか​​​​、ブルーライト抑制機能(Blue Shade機能)が標準装備されているFireタブレットがおすすめ。

こびぃ

特におすすめはKindle Paperwhiteだよ!

>> Kindle Paperwhiteのレビューを見る

Amazonデバイス以外の対応端末

  • スマホ(iOS、Androidとも可)
  • PC(Mac、Windowsとも可)

※無料のKindleアプリをダウンロードすれば利用可能↓

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

極力モノを増やしたくないミニマル志向の方は手持ちの端末を利用する方がおすすめです。

基本的に楽天koboなど他社サービスの専用電子書籍リーダー以外であれば、おおむね利用可能と考えてOK。

複数のデバイスに同じアカウントを紐つけて、状況に応じて使い分けることも可能です。

こびぃ

手持ちのスマホやタブレットで始めてみて、物足りなくなったらAmazonデバイスを買い足すのもアリ!

取り扱い冊数/ジャンル

Kindle Unlimitedで読み放題となるタイトルの総数は200万冊以上です。

ラインナップは流動的で入れ替わりがあります。主な取り扱いジャンルは以下のとおり8つ。

  1. 小説
  2. 雑誌
  3. 洋書
  4. コミック
  5. ビジネス・経済
  6. 趣味・暮らし
  7. 絵本・児童書
  8. その他

他社サービスと比較してもAmazon Kindle Unlimitedはジャンルの網羅性が高く、取り扱い冊数もトップクラスです。

電子書籍読み放題サービスの例(他社との比較)

サービス名月額料金取り扱いジャンル冊数
Amazon Kindle Unlimited980円雑誌・総合200万冊以上
AmazonPrime Reading500円
プライム会員なら無料)
雑誌・総合1,000冊以上
楽天マガジン418円雑誌900冊以上
dマガジン440円雑誌700冊以上
シーモアライト780円
フル1,480円
総合
(ライトノベルも読みたい場合はフルプラン)
ライト4万冊

フル9.9万冊以上
BOOKWALKER836円漫画・雑誌

文庫・ライトノベル
2プランから選択
漫画2万冊以上

文庫1万冊以上
選択プランにより異なる

他社サービスは雑誌や漫画、ライトノベルなど特定のジャンルに強みを持つ傾向があります。

月額料金・年額料金

Kindle Unlimitedに初めて加入した時は30日間の無料体験があり、その後月額支払いの料金プランへ自動移行します。

不定期開催で、無料期間が延長になるキャンペーンが行われていることも。Kindle Unlimitedの料金プランは以下のとおり。

  • 月額料金 980円
  • 年額料金 9,480円(月額790円)

Amazonプライム会員であっても同じ料金の支払いが必要

月額料金980円で200万冊以上の電子書籍が読み放題になるため、月に2冊以上本を読む習慣がある人ならお得に。

専門書やビジネス本などは単価が高い傾向にあるため、1冊でも元を取れる可能性大です。

年額料金は、Kindle Unlimitedの利用料金が月額換算で約2割お得になる料金プランです。

ただし現在のところは対象者が限定されており、その条件は非公開。

Kindleストアのページに年払いのバナーが表示された場合のみ選択可能となっています。

1年間は確実に継続予定である人にはメリットしかないプランなので、バナーが表示されたら迷わずプラン変更をおすすめしたい。

ですが「1年間の継続は微妙かも」という場合は、途中解約ができないという特徴上、デメリットともなり得るので、慎重に検討が必要です。

支払い方法

Kindle Unlimitedの支払い方法は以下の3とおりです。

  1. クレジットorデビットカード
  2. Paidy
  3. 携帯キャリア決済

Amazonアカウントに登録できる支払い方法の中で、Amazonギフト券は対象外です。原則は、Amazonアカウントに登録している支払い方法がそのまま適用されます。

Kindle Unlimitedだけ支払い方法を変更したい場合は、後から変更手続きが必要です。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い

Amazonは現在、電子書籍の読み放題サービスを2種類展開中。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの2種類ですが、正直違いが分かりにくく選び方に悩む人も多いハズ。

結論を簡単に言うと「Prime Readingは、プライム会員の数ある特典のひとつとしてKindle Unlimitedの一部を体験できる」といった感じ。

Prime Readingで読める電子書籍は、Kindle Unlimitedでも全て読めます。

主な違いはこちら。

項目  Kindle UnlimitedPrime Reading
月額料金980円500円
※すべてのプライム特典メリットを含む
加入対象すべてのAmazon会員プライム会員のみ
冊数200万冊以上1,000冊以上
ジャンル総合総合

2022年4月現在、Prime Readingのタイトル総数は1,647冊。

最も多かったのが洋書で、雑誌、コミック、ビジネス書と続きます。小説は55冊とやや少なめで、小説をメインで読みたい人にはPrime Readingだと物足りないかも。

Prime Readingのジャンルごとのタイトル数

  1. 洋書 494冊
  2. 雑誌 350冊
  3. コミック 233冊
  4. ビジネス 228冊
  5. 趣味・暮らし 91冊
  6. 小説 55冊
  7. 絵本 4冊
  8. その他 192冊

※2022年4月時点

その他に含まれる電子書籍は自己啓発や資格系などです。

ラインナップは流動的なので、手軽かつ極力コストを落として楽しみたい人はPrime Readingで満足できそう。

こびぃ

読書好きで、読みたいものを自分でピックアップしたい方は Prime ReadingよりKindle Unlimitedがやっぱりおすすめだね!

>>Amazon公式HPよりKindle Unlimitedの無料体験を申し込む

Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

電子書籍の読み放題サービスでは圧倒的にコスパの高さが評判のKindle Unlimited。

ですが「自分にとっても、価値あるものかどうか」が結局一番大事です。判断しやすくなるよう、次にKindle Unlimitedのメリットとデメリットを解説します。

メリット

メリット
  • 高額書籍を気軽に試し読みできる
  • 特定ジャンルに偏らず自由に本を選びたい時に便利
  • ダウンロードすればオフラインでも読める
  • 読書歴からおすすめが提案され、好みの本に出会いやすくなる
  • デバイスをまたいでシームレスな読書体験ができる

特に一押ししたい「Kindle Unlimitedだからこそ」を実感できるメリットは、デバイスをまたいでシームレスに読書ができること。

Kindle Unlimitedの対応端末は全てアカウントで紐つけられるため、通勤電車の中ではさくっとスマホで読み、帰宅後Kindleでゆっくり続きを読む…といった使い方が可能です。

デメリット

デメリット
  • Kindle Unlimited対象の本が探しにくい
  • 同時にライブラリーに保管できる上限は20冊まで

対象タイトルの絞り込みは、Kindleストアで「Kindle Unlimited読み放題対象」を選んでキーワードから対象タイトルを絞るか、ピンポイントに読みたい本を選び「Kindle Unlimited読み放題対象」のマークがついているかで判断するしかないのが現状。

ただし、読書を続けるうちにAmazonが提案する「おすすめタイトル」の精度が上がるため、より好みに合った本と出会いやすくなります。

また、ダウンロード数が20冊を超えた時は読了した本を削除して入れ替える必要があるため、一括でまとめてダウンロードしたい人は要注意です。

コビロボ

20冊を超えたらダウンロード時にアラートしてくれるので、読了した書籍を削除すればOK!

30日間の無料体験を開始する

Kindle生活を楽しむために登録したい!

Kindle Unlimitedの評判と口コミ

実際にKindle Unlimitedを利用している人の評判や口コミはどんな感じなのかも気になるところ。

どんなメリットやデメリットを感じているのか、正直な感想を調査しました。

良い評判・口コミ

Kindle Unlimitedに対する良い評判や口コミはこちら。

読書習慣が身につき、知的好奇心も満たされる

あえて料金が発生するKindle Unlimitedに加入することで読書への意識が高まり、習慣を定着させるきっかけに。

さらにAmazonのおすすめ機能もメリットとして働き、知的好奇心が満たされるという相乗効果もあったようです。

普段だと選ばないジャンルに挑戦できる

自分で都度購入するとなると、失敗したくないという思いから本選びは慎重になりがち。

こんな場合は定額で読み放題になることがメリットとなり、普段だと手が回らないジャンルの本まで選びやすくなります。

生活に必要な本が全て一つのサービスで揃う

Kindle Unlimitedはジャンルの幅広さが評判。

それゆえ「当初の目的以上に活用できた」と実感しやすいメリットがあります。

「せっかくだから雑誌も読もう」「この漫画も無料なんだ」と、気づけば沼にハマってしまうかも。

悪い評判・口コミ

対して、Kindle Unlimitedの悪い口コミや評判はこちらです。

読みたい本全てが読み放題の対象とは限らない

他社サービスと比較して、高コスパでバランスの良さが魅力のKindle Unlimited。

とはいえ、「読みたい本が常に読み放題とは限らない」というデメリットがあります。

ただしラインナップは流動的であるため、今無料でなくても今後読み放題対象となる可能性も。

他に読みたい本があれば、先に読みながら少し待ってみる、というのも一つかも。

読み放題対象はシリーズものの途中までの場合がある

シリーズものがKindle Unlimitedの対象となっている場合、無意識に「全部読み放題だろう」と思ったら違った、というケースがあるようです。

支払いが済んだ後に、思わぬ請求が来てびっくり!というリスクもあります。

ダウンロード前は「Kindle Unlimited対象」のマークがあるかどうか要チェックです。

Kindle Unlimitedを加入登録するならお得にしよう

Kindle Unlimitedに加入登録するなら、せっかくならお得に登録しましょう。無料お試し登録方法を紹介します。


Kindle Unlimitedのお得な無料お試し登録方法

こびぃ

キャンペーンがあるとKindle本を数十円で購入もできるよ!

Kindle Unlimitedの解約方法も簡単

こういった月額サービスに登録する際、「解約する時面倒かもしれない。」という不安が生じますが、心配ご無用。

Kindle Unlimitedは簡単に解約することができます。

Kindle Unlimitedをより快適に楽しむ方法

せっかくKindle本を月額980円で楽しみ放題なら、ちゃんと環境を整えて読書をしたいところ。より快適に楽しむために、以下の方法を紹介します。

  • 【方法①】Kindle タブレット(端末)を手に入れる
  • 【方法②】汎用性を持たせるならFire タブレット(端末)もあり

【方法①】Kindle タブレット(端末)を手に入れる

Kindle Paperwhiteのシグニチャーエディション第11世代とKindle無印
左:新型Kindle Paperwhite
右:Kindle無印

Kindle端末は、Kindle Unlimitedを楽しむためにほぼ必須のガジェットと言っても過言ではないです。

Kindle Paperwhiteを使用するメリット

  • Kindle本専用デバイスなので、Kindle Unlimitedを全力で楽しめる
  • 紙に書いてる活字のような特殊インクを使用していて目に優しい
  • 外出時に荷物にならない
  • 寝る前に読んでも目が疲れない
  • 防水なのでお風呂時間が読書時間になり時間の有効活用※

※無印Kindleは防水ではないので要注意。

Kindle端末の一番おすすめ端末は「Kindle Paperwhite」です。ぜひ一度チェックしてみてくださいね↓

【方法②】汎用性を持たせるならFire タブレット(端末)もあり

fire HD10タブレット
左:Fire HD 10 タブレット
右:Kindle Paperwhite

Kindle端末は、Kindle本を楽しむ専用端末なのでもう少し色々できる端末がほしいなぁ。って、方はFire HDタブレットがあります。

Fire HDタブレットなら、Kindle本以外にもブラウジングYou Tubeプライムビデオで映画などもたのしめるので、汎用性を求めるならFire HDタブレットをおすすめします。

こびぃ

10インチと8インチインチがあるよ!

【まとめ】Kindle生活を100%楽しむために登録したいKindle Unlimited

どんなサービスでもデメリット・メリットがありますが、ことKindle Unlimitedに関しては圧倒的にメリットの方が多いサブスクサービスになります。

普段1ヶ月〜2ヶ月に1度でも本を購入して読む週間がある方は、即元を取れる仕組みになっています。

今なら30日間の無料体験があるので、気になる方は無料体験だけでも試してみてくださいね

>>Amazon公式HPよりKindle Unlimitedの無料体験を申し込む

30日間の無料体験を開始する

Kindle生活を楽しむために登録したい!

Amazon Kindle Unlimitedとは?Prime Readingと違いや評判・口コミ情報!デメリット・料金を徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる