【わかりやすく比較】AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いは?どっちがおすすめか

【わかりやすく比較】AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いは?どっちがおすすめか
  • AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代のどっちを買うべきなのかな?
  • AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いを知りたい!

AirPodsは、臨場感溢れるクリアなサウンドが魅力的で、誰もが1度は欲しくなるワイヤレスイヤホン。

いざ、AirPodsを購入しよう!と思っても、どのモデルを買うべきか悩みますよね。

発売中のAirPodsモデルの中でも、特にAirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代の2型が人気です。

そこで今回は、どのモデルを買うか悩んでいる人に向けて、AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代違いを分かりやすくまとめました。

この記事でわかること

  • AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代のどっちが自分に合うか
  • AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代の特徴・違い

この記事を参考にして、あなたの好みや生活スタイルに合ったAirPodsを選んでくださいね!

目次

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代【違い比較表】

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代【違い比較表】
左:AirPods Pro 第2世代
右:AirPods 第3世代

まずは、AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いを見ていきましょう!

2つのAirPodsモデルの違いを比較し、以下の表にまとめました。

項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
充電ケースサイズ45.2×60.6 mm×21.7 mm/46.4×54.4×21.3mm
充電ケース重さ50.8g38g
イヤホン本体サイズ30.9 x 21.8 x 24.0 mm30.7×18.2×19.2mm
イヤホン本体重さ5.3 g4.3g
チップH2ヘッドフォンチップH1ヘッドフォンチップ
耐汗・耐水本体ケース共にIPX4本体ケース共にIPX4
音楽機能・2倍のアクティブノイズキャンセリング
・適応型環境音除去
・アダプティブイコライゼーション
・ハイダイナミックレンジアンプ
・パーソナライズされた空間オーディオ
・ダイナミックヘッドトラッキング
・アダプティブイコライゼーション
・ハイダイナミックレンジアンプ
・パーソナライズされた空間オーディオ
・ダイナミックヘッドトラッキング
外音取り込み機能×
マルチポイント
Appleデバイス間のみ

Appleデバイス間のみ
Bluetooth5.35.0
センサー・肌検出センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・タッチコントロールデュアル光学センサー
・肌検出センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・感圧センサー
バッテリー・音楽の連続再生: 最大6時間
・空間オーディオ・ヘッドトラッキング時: 最大5.5時間
・連続通話: 最大4.5時間
・充電ケースとの併用: 最大30時間の再生時間
・音楽の連続再生:最大6時間
・空間オーディオ・最大5時間
・連続通話:最大4時間
・充電ケースとの併用:最大30時間の再生時間
充電ケース・ストラップループ
・スピーカー
・Apple U1チップ
・マグネット
・マグネット
充電ケースサイズ・サイズ:45.2 x 60.6 x 21.7 mm
・重量:45.6 g
・サイズ:46.4×54.4×21.3mm
・重量:38g
充電方法・Lightning
・Qiワイヤレス充電
・MagSafe
・Apple Watch充電
・Lightning
・Qiワイヤレス充電
・MagSafe
音声アシスタントsirisiri
イヤーチップ4種類
Xs,S,M.L
なし
価格39,800円27,800円

最大の違いは、周囲の雑音を遮断しAirPodsのサウンドに集中できるANC=アクティブノイズキャンセリングの有無です。

こびぃ

ノイキャンつきが欲しいならAirPods Pro 第2世代で決定だよ!

AirPods Pro 第2世代H2チップ搭載で、以前のモデルに比べて2倍もノイキャン機能が進化し、外部音取り込みモードも付いています。

AirPods 第3世代では、従来のH1チップを使用していて空間オーディオに対応。ノイキャン・外部音取り込みモードはありません。

バッテリーはどちらのモデルも、連続再生時間は最大6時間充電ケース含めての再生時間は最大30時間と長時間使用が可能。(※空間オーディオ使用時はAirPods Pro 第2世代の方が持続時間が0.5時間長い最大5.5時間です。)

AirPods Pro 第2世代の価格は「39,800円」と決して安くはないですが、音質・機能性を考えるとコスパ抜群と言えます!

AirPods 第3世代の価格は「27,800円」とAirPods Pro 第2世代に比べると低価格なので、少しでも安くAirPodsを買いたい人にはおすすめなモデルです。

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代【同じ機能はこれ】

次に、2つのAirPodsモデルに共通する機能も知っておきましょう。

以下の表に、AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の同じ機能をわかりやすく記載しました。

Siri
Appleデバイスの自動切り替え
オリジナルメッセージの刻印
マイクデュアルビームフォーミングマイク
アクセシビリティ・オーディオのライブリスニング
・ヘッドフォン音量
・ヘッドフォン調整
センサー・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
空間オーディオ
つまむ操作

Siriの音声読み上げ・Apple製品での自動切り替え・メッセージの刻印などの機能は、AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代のどちらにも対応。

マイクについては、ブームマイクから進化した最新技術の「デュアルビームフォーミングマイク」を両モデルで導入しています!

アクセシビリティでは、オーディオのライブリスニング・ヘッドフォン音量・ヘッドフォン調整の3つの機能が、どちらのモデルでも変更できますよ。

より正確に動きや音声を感知してくれる加速度センサーも、AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の両方に備わっています。

ダイナミックなサウンド空間を創り出してくれる「空間オーディオ」は、2型のAirPodsモデルともに楽しめます!

再生・一時停止を行いたい時は、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代も共通して、つまむ操作で調整可能です。

こびぃ

どちらも使用している身から言わせてもらうと、AirPods Pro 第2世代もAirPods 第3世代どちらともスペック通り、ほぼ同じだよ!

ロスレスはどちらも非対応です。

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いを項目別に比較

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の比較をする

ここでは、AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いをさらに細かく比較していきます。

比較する項目は、以下の8つです。

順に見ていきましょう!

デザイン比較

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代のケース空いた状態デザイン比較

ケースの見た目は、どちらもきれいなAppleホワイトカラーでAppleらしいシンプルでミニマルなデザインです。

ほぼ同じ外観ですが、AirPods Pro 第2世代よりAirPods 第3世代の方が横幅が狭く・小さいのが特徴的。

AirPods Pro 第2世代はストラップ穴あり
奥のAirPods Pro 第2世代のケース側面にストラップホールあり

AirPods Pro 第2世代のケースのみストラップホールが付いており、カバンの中などで引っ掛けたりすることができ、見失いにくいのがポイントです。

イヤホン本体は、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代ともに、ステム(軸)が短くスタイリッシュな印象。

AirPods Pro 第2世代は、ステムが斜めでかっこいい、 カナル型(密閉型)・完全ワイヤレス(左右分離型)のデザインです。

AirPods 第3世代は、インナーイヤー型(開放型)・完全ワイヤレスタイプ(左右分離型)で、形状はAirPods Pro 第2世代とほぼ同じです。

うどんみたいでAirPodsのデザインはダサい!と言われていたのは過去のAirPods初代やAirPods 第2世代です。

音質比較

AirPods Pro 第2世代とAirPods3

音質は人の好みもあるので、一概にどっちが良いんだ!みたいなことって言いにくいものですがAirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代だと明らかに違いがあります。

大きなポイントは、AirPods Pro 第2世代の方が低音の聞き取りやすさやパンチ力が勝っている点。

AirPods Pro 第2世代の方が、粒感もあるためAirPods 第3世代より、音が1つ1つ聞き分けやすいく、低〜高域まで解像度が高い印象をうけます。

こびぃ

AirPods Pro 第2世代はAirPods Pro 初代から3年ぶりの新作だけあって、大きく進化を遂げてるよ!

音楽機能・マイク比較

項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
アクティブノイズキャンセリング
外音取り込みモード
アダプティブイコライゼーション
ハイダイナミックレンジアップ
快適な通気システム
内向きのマイク再設計されたマイク

AirPods Pro 第2世代は、周囲の雑音を取り除く「アクティブノイズキャンセリング」・周囲の音を快適に取り入れる「外部音取り込みモード」が搭載されています

低音域と中音域をリアルタイムで調整し正確なサウンドを生み出す「アダプティブイコライゼーション・ハイダイナミックレンジアップ」機能は、両モデルに対応。

マイクは、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代のどちらも、内向きの仕様となっています。

特にAirPods Pro 第2世代のマイクは、快適な通気システム・再設計された内向きのマイクで、一段とクリア且つ自然な声で通話が楽しめますよ。

出典:Apple公式

アクティブノイズキャンセリングを使用したいならAirPods Pro 第2世代一択!

AirPods Pro 第2世代は、以前のモデルと比べ最大2倍のアクティブノイズキャンセリング付きで、クリアなサウンドを演出してくれます。

AirPods 第3世代には、残念ながらノイキャン機能がありません。

ノイキャンを使ってより一層AirPodsから流れる音に、集中・没頭したいなら間違いなくAirPods Pro 第2世代を選ぶべきですね!

関連 AirPods Pro 第2世代 長期レビュー

装着感比較

重さで比べると、AirPods 第3世代の方が約4.3gと軽く、耳に装着した時に痛くなりにくい装着感。(AirPods Pro 第2世代は約5.3g)

こびぃ

耳に装着する1gって結構違うからねぇ。ボクは長時間使用したいときは、AirPods 第3世代をメインで使用するよ!

さらにAirPods 第3世代は、インナーイヤー型なので蒸れにくく、長時間装着するのに向いているモデルです。

AirPods Pro 第2世代はイヤーチップ付きなので、装着時しっかり耳にフィットしてくれます!

出典 : Apple公式

イヤーチップは、Xs,S,M.Lから選べるので、耳のサイズが小さいという人でも安心してAirPods Pro 第2世代を使用できますよ。

操作性比較

項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
基本操作方法タッチコントロールをつまんで操作感圧センサーをつまんで操作
音量調整・上下にスワイプする・Siriで操作する
・接続中のデバイスで調整
再生(一時停止)・電話応答1回押す1回押す
次に進む2回押す2回押す
前に戻る3回押す3回押す
ノイキャン・外部音取り込みモード長押しする×
Siri起動長押しする長押しする
AirPods Pro 第2世代のtouch
AirPods Pro 第2世代

AirPods Pro 第2世代は、「タッチコントロール」をつまんで操作していきます。

ノイキャン・外部音取り込みモードではなく、長押しでSiriを呼び出すようにも変更可能。くわしい方法はApple公式サイトのこちらから確認してださいね。

AirPods 3の持った感じ
AirPods 第3世代

AirPods 第3世代は「感圧センサー」をつまんで操作していきますが、音量調整の場合のみ、SiriまたはペアリングしているApple製品から調整する必要があります。

Siriに向かって「Hey Siri!音量上げて・下げて」と伝えると音量を調整してくれますよ。

防水性能比較

項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
耐汗・耐水
本体ケース共にIPX4

本体ケース共にIPX4

防水機能は、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代どちらも対応しており、本体ケース共にIPX4

IPX4とは、少量の雨・水しぶきなど、水の飛まつを受けてもダメージを受けないレベルの防水等級のことを指します。

汗をかくスポーツ時などに、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代身に付けていてもとくに問題はありません。

バッテリー持ち比較

項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
イヤホン単体最大6時間
(※空間オーディオ・ヘッドトラッキング使用時5.5時間)
最大6時間
(※空間オーディオ使用時5時間)
イヤホン+充電ケース最大30時間最大30時間

バッテリー持続時間は、両モデルともイヤホン単体で「最大6時間」・イヤホン+充電ケース合わせて「最大30時間」です。

空間オーディオ使用時はAirPods 第3世代の「最大5時間」に比べて、AirPods Pro 第2世代の方が「最大5.5時間」とバッテリーが長く持ちます!

充電方法比較

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代充電部分
左:AirPods Pro 第2世代
右:AirPods 第3世代
項目AirPods Pro 第2世代AirPods 第3世代
有線充電(Lightning)
Qiワイヤレス充電
MagSafe充電
Apple Watch充電器
AirPods Pro 第2世代の充電方法
どちらもワイヤレス充電対応

AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代どちらも、Lightning充電・Qiワイヤレス充電・MagSafe充電が可能です!

AirPods Pro 第2世代のみ、Apple Watchからも充電可能でかなり便利になっています。

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代どっちがおすすめ?

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の斜め画像
左:AirPods Pro 第2世代
右:AirPods 第3世代

ここまで機能・項目ごとに違いを比較してきましたが、結局自分はどっちのAirPodsモデルを買うべき?と疑問に思いますよね。

そんな人に向けて、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代それぞれのおすすめな人の特徴をまとめました!

AirPods Pro第2世代がおすすめの人

AirPods Pro 第2世代は正当進化モデル

AirPods Pro 第2世代がおすすめな人の特徴は、以下のとおり。

  • アクティブノイズキャンセリングが欲しい
  • 外部音取り込みモードも欲しい
  • より臨場感の溢れるクリアなサウンドを楽しみたい
  • AirPodsの最新モデルを使いたい
  • Apple Watchからも充電したい

やはり、圧倒的なノイキャン機能が欲しい人は、全力でAirPods Pro 第2世代をおすすめします!

空間オーディオ・外部音取り込みモードも楽しめる、高音質・高機能なAirPods Pro 第2世代を選んでおけば間違いはないです。

AirPods 第3世代がおすすめの人

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の3側

AirPods 第3世代がおすすめな人の特徴は、以下のとおり。

  • マイクの性能重視・テレワーク・通話が多い
  • インナーイヤー型が好き・カナル型が苦手
  • 軽いサイズのイヤホンを装着したい
  • 空間オーディオを楽しみたい
  • 少しでも価格の低いAirPodsモデルが欲しい

AirPods 第3世代は、マイクの性能が良 くカナル型で長時間着用しやすいため、在宅ワークでリモート会議が多い人に向いているでしょう。

AirPods Pro 第2世代のカナル型が得意ではない・3万円以内で買えるモデルが欲しいという人は、AirPods 第3世代をおすすめします。

AirPods Pro・AirPodsはどこで買うべきか

AirPods Pro 第2世代やAirPods 第3世代を買うなら、少しでもお得に手に入れたいと考えると思います。

そこでボクがいつも価格調査をしていて、AirPods Pro 第2世代やAirPods 第3世代を安く購入できるルートをまとめました。

以下の表を参考にしてください。

AirPods(Pro・Max)の本物を安く買うおすすめの場所6つ

スクロールできます
安く買える場所特徴ポイント還元率
1.Amazon最も簡単かつ
常時安く購入できる
安定してお得に買える
0.5%〜5.5%
上限なし
2.楽天市場楽天マラソン時
スーパーセール時
安く買える
※他店舗買い周り必須
10%〜
上限7,000円(P)
3.Yahoo!
ショッピング
Yahoo!リレー
ペイペイポイント還元
お得に買える
※他店舗買い周り必須
11%〜
上限10,000円(P)
4.家電量販店
(ネット)
時期による
ポイント還元を
している
1%〜5%
上限なし
5.Apple公式
サイト

※楽天リーベイツ
経由
楽天リーベイツを経由だが
Apple公式サイトで安く買う
数少ない方法
1%〜4.5%
上限購入品20%
6.Apple
整備品
ほぼ新品
定価1割近く安く買える+
ギフト券経由でポイント還元
2.5%〜
上限なし

なーんだ、って結果ですが、新品のAirPods (Pro)を普段から最も安く購入できる場所はAmazonです

AirPods good price where
Amazon購入ルートが一番安く購入できる【メリット】
  • ポイント還元に上限なし(楽天やYahoo!にはある)
  • お買い物マラソン(楽天)やお買い物リレー(Yahoo!)で不要なものを購入する必要がない
  • Amazonギフトチャージで0.5%ポイント還元
  • AirPods AirPods Pro 本体価格の1%~5%ポイント還元(モデルによって変動あり)
  • 最大2,000以上安くなるモデルあり
  • Amazonポイントは期限なしで何でも買える
  • 即日発送の翌日着が可能
  • トラブルがあっても安心のAmazon対応(対応が丁寧迅速)

補足すると↓

楽天やYahoo!は買い周りをしないといけないことが多く、出費が重なるので金額全体で考えるとそんなにお得にならない。ヤマダウェブコムはポイントの使いみちが少ない。ポイントをなんにでも使えるAmazonが一番おすすめです。

ただし、普通にAmazonで購入しては損するので、以下の手順通り購入してくださいね!

ポイントはギフト券チャージしてから、そのギフト券で購入すること。これだけでポイント2重取りです。

AmazonでAirPods購入時の手順

\ギフトカードチャージで0.5%ポイント獲得/

Amazon公式サイト>>https://www.amazon.co.jp

公式 Amazonで欲しいAirPodsを確認する

ちなみに中古で良質なAirPods Proがほしいならランク分けされてて、購入の目安にしやすく、さらに保証までついてるイオシスがおすすめ!
イオシス公式サイト>>

関連

AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いを比較!どっちがおすすめ?【まとめ】

本記事では、AirPods Pro 第2世代・AirPods 第3世代の違いを徹底的にわかりやすく比較してきました。

それぞれのモデルがおすすめできる人の特徴をもう一度書くと以下のとおり。

AirPods Pro 第2世代がおすすめな人

  • アクティブノイズキャンセリングが欲しい
  • 外部音取り込みモードも欲しい
  • より臨場感の溢れるクリアなサウンドを楽しみたい
  • AirPodsの最新モデルを使いたい
  • Apple Watchからも充電したい

ダントツでおすすめなのは、圧倒的なノイキャンが楽しめるAirPods Pro 第2世代です!

関連 AirPods Pro 第2世代長期レビュー

AirPods 第3世代がおすすめな人

  • マイクの性能重視・テレワーク・通話が多い
  • インナーイヤー型が好き・カナル型が苦手
  • 軽いサイズのイヤホンを装着したい
  • 空間オーディオを楽しみたい
  • 少しでも価格の低いAirPodsモデルが欲しい

マイク性能重視派・カナル型が苦手な人は、AirPods 第3世代を選ぶとよいでしょう。

関連 AirPods 第3世代のレビュー

自分の好みのモデルを手に入れて、音楽・動画などを楽しんで、より充実したAirPodsライフを送ってくださいね。

それではまた!

Amazonで買い物するなら超お得になるギフト券をチャージしてから購入!

Amazonで欲しいモノを購入する時は、できるだけお得に購入しよう!

直接購入するのではなくクレジットカードでギフト券をチャージして、ギフト券で購入するとひと手間加えるだけでお得に買物できるようになります。

Amazon gift charge

\最大0.5%ポイント還元リンクはこちら/

Amazon公式
ギフト券チャージのエントリーはこちら
※2022年末で一旦終了中

あなたにおすすめのAirPods Pro/AirPods関連記事

【わかりやすく比較】AirPods Pro 第2世代とAirPods 第3世代の違いは?どっちがおすすめか

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次