AirPods 3 Catalystケース レビュー|耐衝撃完全防水ケース!アウトドアスポーツに最適

AirPods 3ケース Catalyst5色とAirPods3本体

この記事で分かること

  • AirPods 3 Catalystケースの使用感/レビュー
  • 耐久性・防滴性・防塵性に優れたAirPods3 のケース

AirPods 第3世代のケース選びに苦戦している方に、もしかしたらぶっ刺さるのではないか?という超実用性が高いケース「Catalystケース」が登場。

AirPods 3ケース Catalystのケース表面
プレミアムシリコン素材

AirPods 3はもともとIP4で防水性はあるものの完全防水仕様ではないデバイス。ゆえに、アウトドアが好きな方や水回りでAirPods 3を使用する機会が多い人はやや不安がありましたよね。

しかし、そんな不安も「IP68の完全防水」「耐衝撃1.2m」をクリアした耐久性が突出しているCatalystケースがあれば解消できます。

そんな強靭なAirPods 3専用ケースのレビューを早速書いていきます。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 堅牢な仕様のケースが欲しい
  • 質感高いプレミアムシリコン素材好き
  • AirPods 3を水回りやアウトドアで使うことが多い
  • 他のケースにはカラーが欲しい
  • AirPodsを取り出す際にシームレスなアクセスが良い
  • シリコンタイプの素材が苦手

本記事は企業様より製品提供いただき作成しています。

目次

AirPods 3 Catalystケース レビュー

早速、AirPods 3専用のケース「Catalystケース」の特徴から見ていきます。

1分でわかる特徴

特徴
  • 軽量で衝撃吸収性能が高い
  • IP68に準拠している
  • 持ち運びに便利なカラビナつき
  • カラバリが豊富で好みのデザインを見つけやすい
AirPods 3のカタリストケース

Catalystケースは、市場ではあまりないカラー5色から選ぶことができるので、ケースカラーにこだわりが強い人におすすめできる堅牢性の高いケース。

スペック

項目詳細
商品名Catalyst for AirPods
衝撃吸収ケース
Vibeシリーズ
役割AirPods 3の専用ケース
サイズ59×52×25mm
重量30g
防水・防塵IP68
素材プレミアムシリコン
カラーバリュエーションステルスブラック
バトルシップグレー
レッド
オーシャンブルー
グローインザダーク

防水性・防塵性が高く、AirPods 3本体を高いステータスで保護してくれます。山、川、お風呂、プールなどにAirPods 3を持っていくときの最適解と言えるケース。

外箱/付属品

AirPods 3ケース Catalystの外箱表面

Catalystケースは、最大水深1mまでの防水と防塵の国際規格であるIP試験「IP68」に準拠した完全防水のAirPods 3 専用ケースです。

AirPods 3ケース Catalystの付属品

付属品はミニマル仕様の「Catalystケース本体」「カラビナ」「SNS案内」の3点。

外観/デザイン

AirPods 3ケース Catalystの表面

本体素材はプレミアムシリコン素材です。通常のシリコン素材と比較して、耐用年数が2~3年長くなる人気の素材で、外壁塗装などの塗料でも近年人気の素材。

AirPods 3ケース Catalystの裏面側

さわった感じはいつものシリコンって感じですが、デザインのおかげでシリコン感が薄い印象です。背面にはAirPods 3のペアリングボタンが押せるくぼみあり。

AirPods 3ケース Catalystのカラビナ部分の側面

側面に横の折込み線が2本連なっていますが、ここからペロッとめくってAirPods 3の出し入れができます。下部にはカラビナ取り付け部分あり。

AirPods 3ケース Catalystの内側はきゅうちゃくしてAirPodsを落とさない

内側はAirPods 3と隙間が生まれないように吸着性の高い素材。この設計のおかげで完全防水を実現できています。

AirPods 3ケース Catalystの底面は防水状態
AirPods 3ケース Catalystのポート部分

底面は、AirPods 3のLightning端子を保護するためのフタあり。「とりはずすぞ!」って意思が無いとキャップは取れないので、不意にはずれることはないので水回りでの使用も安心できます。

AirPods 3ケース CatalystのカラビナはAirPodsに装着できる

カラビナは側面下部の専用ホールに簡単に取り付け可能です。カラビナの可動部分が柔らかすぎず、硬すぎずなので「不意に取れないが外したいときに外しやすい」のは良い印象。

サイズ/重量

AirPods 3ケース Catalystのケースは軽い

シリコン素材なので、軽い軽い。約30gです。ポン菓子レベル。

サイズ/重量
  • 横幅:59mm
  • 奥行:52mm
  • 厚み:25mm
  • 重量:30g

AirPods 3に装着

AirPods 3ケース CatalystにAirPodsを入れるのはラク

AirPods 3に吸い付くような感じでAirPods 3をスッポリ入れることができます。

AirPods 3ケース CatalystにAirPodsを入れるのはラク

AirPods 3の上部フタ以外を覆うタイプのケース。AirPods 3は※IPX4の防水タイプで、フタ部分が見えている状態で浸水しても故障することはありません。

IPX4とは

いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けないこと

AirPods 3 Catalystケースの良かった点

以下のとおり、AirPods 3 Catalystケースの良かった点は5点です。

良かった点
  • カラーバリュエーションが豊富
  • チープに見えないシリコン素材
  • 【完全防水】防水性・防塵性が高い(IP8)
  • 衝撃性に強い
  • ワイヤレス充電も問題なし

順に見ていきます。

カラーバリュエーションが豊富

AirPods 3ケース Catalystは5色販売

AirPods 3もそうですが、AirPods Proも単色でケース販売しているブランドが多いですが、 Catalystケースは5カラーあるので好みのカラーが見つかりやすいです。

コビロボ

ん〜もっとかわいいカラーのケースがほしいなぁ…って思ってた方におすすすめできるカラバリだね!

5色のカラー

  • ステルスブラック
  • バトルシップグレー
  • レッド
  • オーシャンブルー
  • グローインザダーク
AirPods 3ケース Catalyst5色とAirPods3本体中身だした状態

男女共に使用しやすいカラーバリュエーションになっているので、カラーにこだわりが強い方や部屋のデザインに合わせたい方も「希望のカラー」が選択できます。

チープに見えないシリコン素材

AirPods 3ケース Catalystをはさんだ状態

シリコン素材と言うと、一見「安くみられがちの素材」ですが、多種多様な素材。本素材はプレミアムシリコンを使っていることもあり、チープさを感じない。

シリコンの良い部分である機能性・実用性の高さのみを享受しているケースがこのCatalystケースですね。

【完全防水】防水性・防塵性が高い(IP8)

AirPods 3ケース Catalystを水につける 
内心めっちゃビビってる

完全防水を謳っているだけあって、実際に浸水を試みました。(初めてAirPods 3をズッポシ水につけたので正直こ…こえぇぇえなってます)

AirPods 3ケース Catalystを濡らした状態でめくってみた
ケース外側とAirPods 3のフタだけ濡れてる
AirPods 3ケース Catalystを濡らしてもAirPodsは生きてる
中に水っ気は全然なし

10分後に引き揚げましたが、AirPods 3の中は全く濡れていない状態。一安心と同時に半ば半信半疑だったボクもこれには驚き…

こびぃ

これはとっさの大雨などでも安心できる材料の一つだね

衝撃性に強い

AirPods 3ケース Catalystは衝撃にも強い
衝撃に強い
ケースが「ムニュ」っとなってショック吸収

アメリカ国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」の落下テストをクリアしています。

と、言われてもよくわからない人が多いと思うので、簡単に言うとG-SHOCKくらい衝撃に強いってこと。

コビロボ

相当カッチコチにガードされるってことだね。

アウトドアやウォータースポーツに最適ケース

AirPods 3ケース Catalystの耐久性は高い

「浸水検査」や「アメリカ国防省の軍事規格MIL-STD-810G」からもわかるように、AirPods 3は全く浸水しなかった衝撃性が高いのでアウトドアユースというのは間違いないです。

こびぃ

お風呂やプールでの使用にも問題ないよ!

ワイヤレス充電も問題なし

AirPods 3ケース CatalystはQi充電に対応
Satechi 3-in-1 ワイヤレス充電スタンドで充電

AirPods 3やAirPods Proといえば、ワイヤレス充電ができないとかなりキツイので、ケースにはほぼ必須のワイヤレス対応かどうかですが、このケースは問題なく充電できます。

ワイヤレス充電の実験機>>Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンド

有線充電ももちろん問題なし

AirPods 3ケース CatalystをAnker充電器で充電する

ライトニングケーブルで有線充電も底面のカバーをあけるだけで充電できます。

AirPods 3 Catalystケースの気になった点

次にAirPods 3 Catalystケースの気になった点を紹介。

気になった点
  • AirPods 3を取り出すときに一手間かかる
  • 埃やゴミがつきやすい

見ていきます。

AirPods 3を取り出すときに一手間かかる

AirPods 3ケース CatalystのサイドをめくるとAirPodsを取れる
取り出し時に毎回フタをめくる必要あり

完全防水仕様だからこそしょうがないのですが、AirPods 3を取り出すときにケースの上側を毎回めくる必要があります。

AirPods 3ケース Catalystのフタ録った状態

「AirPods 3を保護する」ことに関しては突出しているので、この一手間さえ許容できればかなりおすすめのAirPods 3のケースです。

防水場所じゃなければめくっている状態で待機もあり

AirPods 3ケース Catalystのフタを開けた状態で横においても傷つかない
AirPods 3が擦れて傷だらけになることもなし

AirPods 3を取り出す度にフタをめくるのは面倒だな…って感じる方は、上画像のようにめくっておいても大丈夫です。

AirPods 3本体も地面に擦れて傷がつくようなこともないし、ケースも伸縮性があるので元の形状に戻ります。

埃やゴミはつきやすい

プレミアムシリコン素材とはいえ、シリコン素材特有の「埃や汚れ」がつきやすいことにかわりはありません。

その分、耐衝撃吸収性が非常に高く完全防水を実現できているので、用途によっては受ける恩恵の大きさからするとデメリットにならないレベルの話ですが。

AirPods 3 Catalystケースを購入できる場所

トリニティ株式会社の「トリチャン」経由で50%オフクーポンが配られているので、You Tubeのリンク先が今の所一番お得に購入できます(※2022年2月時点)↓↓

Amazonや楽天、Yahoo!より安く購入できるので、ぜひ参考にしてください。

AirPods 3 Catalystケース レビュー【まとめ】

本記事は「AirPods 3 Catalystケース レビュー|耐久性・防水性が強烈!アウトドアスポーツに最適」について書きました。

AirPods 3ケース Catalystのレビュー

本ケースは「ガッチガチに保護して劣悪な環境でも屈しないAirPods 3にする!でもオシャレも楽しみたい!」って方におすすめできるケースでした。

AirPods 3ケース Catalyst5色とAirPods3本体

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次